テレビ朝日系の「土曜ワイド劇場」枠で、長年に渡り好評を博してきた、名取裕子主演の人気シリーズ『法医学教室の事件ファイル』。連続ドラマを合わせるとシリーズ通算69本目となる最新作が、11月18日(日)の21時から放送される。これに先駆け、1992年から26年間に渡って夫婦を演じてきた名取と宅麻伸の対談が、ついに実現した。「実は、お互いのことをどう思っていたのか!?」「あのシーンはアドリブだった!?」など、長年の共演で絆を築き上げ、もはや“身内のような存在”と語る2人が、ホンネさく裂のトークを繰り広げた。

11月21日(木)深夜2時35分から、山本耕史主演「抱かれたい12人の女たち」を放送。12人の個性派女優と繰り広げる大人の即興恋愛劇に、ゲストでMEGUMIと筧美和子が登場する。台本なしの即興恋愛ドラマ。夜も更けた深夜1時。そのバーには夜な夜なちょっと訳ありな〝おひとり様女子"がやって来る。そんな彼女たちを温かく迎えるのはバーのマスター(山本耕史)。過去の男の愚痴や、仕事の悩みを聞いてもらっているうちに目の前の男に心惹かれはじめる彼女たち。そして、愛を求める女たちはあの手この手でマスターを口説き

ページトップへ
Twitter Facebook