古田敦也&村田修一

11月16日放送の『スポーツクロス』(BS朝日、毎週金曜23:30~)では、前回に続き今年9月で現役引退した村田修一が登場。MCの古田敦也とプレミアム対談を行い、野球を語り尽くす。

古田と高柳愛実がMCを務める同番組は、“部活応援宣言!”をテーマに、本気でスポーツに取り組む全国のアスリートたちに密着。熱い気持ちで戦う彼らの“汗と涙の感動ドキュメント”や、強くて美しい“未来のなでしこ”などを紹介していく。

16年の現役生活にピリオドを打った村田。2003年に横浜に入団すると、2007年から2年連続で本塁打王を獲得。日本一になることを追い求め、2012年に巨人へ移籍し、ベストナイン3度、ゴールデングラブ賞を3度受賞するなど、攻守に渡り活躍。去年、巨人を自由契約になり、今年3月、BCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団した。

前回は、村田が前に進み続けた16年の野球人生を振り返ったが、今回は、2度の本塁打王に輝いた村田と、捕手として史上2人目となる2000本安打を達成した古田とのプレミアム対談、“アスリートのかけ算”が実現。現役時代に対戦経験もあり、共にチームの4番を打った一流同士が“野球”をとことん語り合う。

「ホームランバッターに必要なものとは?」、「いま注目の若手選手は?」、さらに「男・村田が考える“男”とは!?」など、現役時代には聞くことができなかった2人の熱いトークに注目だ。

3月22日(金)から26日(火)、東京五輪アジア最終予選を兼ねる「AFC U‐23選手権」の本戦出場をかけた予選がミャンマーで開催される。 最強世代とも謳われる“東京世代”にとって、今大会は“絶対に負けられない戦い”のひ

ページトップへ
Twitter Facebook