趣里

相葉雅紀が主演を務める金曜ナイトドラマ『僕とシッポと神楽坂』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~※一部地域を除く)。11月9日の第5話では、相葉が演じる“コオ先生”こと達也を大好きなすず芽役の趣里が、本業の芸者役を初披露する。

本作は、たらさわみちによる同名コミックを原作に、東京・神楽坂で動物病院を営む若き獣医師・高円寺達也(相葉)と、動物や飼い主たちの心温まる交流を描いた癒し系ヒューマンドラマ。神楽坂にある「坂の上動物病院」の医師になった達也は、戸惑いながらも獣医師として奮闘していく中で、いつしか「コオ先生」と呼ばれ、地域の人々との親交を深めていく。

これまで、大好きな達也のために手作り弁当を届けたり、昼夜問わず「坂の上動物病院」や自宅に現れたり、まっすぐに思いをぶつけまくってきたすず芽。そんなすず芽の本業は、芸者。いつも明るいすず芽の裏側に隠されていた、知られざる母娘関係も明らかになる。

撮影当日、白塗りをした趣里は「舞台に立つ前と似たような気持ち。芸者の方々の“スイッチが入るポイント”がわかったような気がしました」と、独特の緊張感を味わったことを告白。「白塗りって日本ならではの文化と伝統を感じますね。顔を白く塗って、赤い紅を差すと、神聖な気持ちになりました」と、あらためて日本文化と伝統の重みも感じたようだ。

なお、11月2日に放送される第4話のあらすじは、以下に紹介。

<第4話あらすじ>
ある日、獣医学生の堀川広樹(小瀧望)が心臓腫瘍を患った犬・ぐりと、その飼い主・井上早苗(滝沢涼子)を連れて、達也のもとにやってくる。ぐりの腫瘍は切除可能ではあったが、年齢や心臓の機能低下を考えると手術は難しい、と「ナルタウン動物病院」の田代(村上淳)は判断。しかしその診断に納得ができないという早苗を、広樹は「坂の上動物病院」に連れてきたのだった。

達也の診断もまた、田代と同じ。だが達也は「1%でも可能性があるのなら見捨てるわけにはいかない」と、トキワ(広末涼子)の反対を押し切って、手術を敢行。

手術は成功し、あとはぐりの体力の回復を待つばかり。しかしその夜、達也が経過を見守る中、ぐりの容態が急変し……。

Kis-My-Ft2の北山宏光が主演するドラマパラビ『ミリオンジョー』(テレビ東京系、毎週水曜25:35~)の第2話「死体の処理方法…」が、10月16日に放送される。前回、三浦誠己演じる人気漫画家・真加田恒夫が締め切り間際に突然亡くなり、漫画連載がピンチに。編集者・呉井(北山)の“成りすまし”連載がついに始動するが、「ミリオンジョー」の熱狂的ファンや一流編集者たちの目を欺けるのか⁉

ページトップへ
Twitter Facebook