ぱるること元AKB48島崎遥香が、11月1日に放送される米倉涼子が主演のドラマ『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)の第4話に、銀座のホステス役で出演する。

同作は、米倉演じる弁護士資格をはく奪された元弁護士、小鳥遊翔子(たかなし・しょうこ)が、ワケありの弁護士やパラリーガルをこき使いながら、大手弁護士事務所相手に勝利を賭けた無謀な戦いを繰り広げていく人間ドラマ。

島崎が演じるのは、莫大な遺産相続をめぐって遺族から訴えられる“一夜妻”、峰島玲奈。茨城から上京し、高級クラブでホステスのバイトをしている玲奈はある夜、人知れず50歳上の会社会長と結婚する。ところが、婚姻届を提出した4時間後に夫が死亡。彼が遺した財産の半分=100億円を相続する権利を持った玲奈は、遺族から“婚姻無効”との争点で訴えられ、翔子率いる「京極法律事務所」に弁護を依頼する。

島崎はこの役を演じるにあたり、キャバクラと銀座のクラブを訪れて所作などを勉強。さらに「一番難しかった」という茨城訛りも鼻歌で音程を覚えながら習得するなど、全力投球で玲奈役に挑んだ。初共演の米倉については「もう顔が(両手でこぶし大の円を作りながら)こんなに小さくて、脚もすっごく細くて、胸がすごくあって!!」と大興奮。現場では米倉と会話もしたが「もうドキドキしちゃって、何を話したか覚えてません(笑)」というほど夢見心地の様子。

大人っぽいメイクにも挑戦したが「魔性の女っぽく見えているのかなぁって……。不安です」と苦笑い。そんな島崎が今“勝利”を手にしたいことは、「子どもっぽく見える自分に勝って、大人っぽく見られたい! 今24歳なんですけど、未成年に見られることもあるので」と返答。「それこそ魔性じゃないですけど“ミステリアスな女性”寄りの人になってモテたいです!」と願望を明かした。

民放各局が制作した番組を中心に、常時約350コンテンツをすべて無料で配信している民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」では、7月19日(月)から8月29日(日)に「TVerフェス!SUMMER2021」を開催する。

ページトップへ
Twitter Facebook