東京らふストーリー』(テレビ朝日系、毎週金曜24:50~※一部地域を除く)が10月12日に放送され、新井恵理那のある挑戦が話題となった。

毎回、様々なテーマの人物に取材し「業界ならではのあるある」「本当にいた面白い人」「ドラマのような話」など、「本当にあった話」を芸人や役者が再現する同番組。スタジオメンバーは、新井のほか、アンタッチャブル山崎弘也フットボールアワー後藤輝基岩尾望)で、今回は先日放送されたスペシャル番組の未公開カットがお披露目された。

普段は見守る立場のスタジオメンバーが、スペシャルではコントに出演。そんな中で新井が挑んだのは「社内行事になると張り切る人」。新年会でどんな芸をしようか悩む後輩に、先輩役の新井が「私に任せなさい。子どもからお年寄りまで流行ったものといえばあれでしょ」と助言をする……という役。彼女の演技をVTRで観ていた後藤は「固いなぁ!」とツッコみ、スタジオを笑いで包んでいた。

コントでは、新井がひょっこりはんジョイマンなどを完コピで披露し、VTRで見守っていた出演者から「何してんの?」「本当の忘年会でやってよ」と戸惑われる一幕も。VTR終了後、新井は「あんなに下手くそだとは思わなかった」とガックリと肩を落とし、「たぶん編集も悪いと思う。もっと上手かった」などとスタッフのせいにし始める。最終的に「(下手に見せるように)趣旨を変えましたよね?」と詰めよっていた。

番組後半には、DA PUMPの「U.S.A. 」やRADIO FISHの「PERFECT HUMAN」にも挑戦したVTRも放送。出演者は「多少の練習の成果は見えるけど」と認めつつも、呆れてVTRを観ていた。新井は「すっごく練習したんです」と回顧。撮影は4日前に撮り終えているものの、いまだに全身筋肉痛が収まらないと明かした。

インターネット上では、彼女のコント参加について「今日は完全にえりーなの日だわこりゃ」「新井さんの可能性を感じる。もっと各局いろいろ使ってあげて」「かわいすぎる」と賞賛の声が多くあった。

動画はこちら"Mr.都市伝説"関暁夫が気の向くままにぶらりと旅する、深夜の散歩番組「Mr.都市伝説 関暁夫の情熱!関さんぽ」。全3回の予定でスタートした当番組ですが、好評につき4月から月1のレギュラー化決定! 次回放送は4月15日(木)深夜1時放送。ここでは前回3月16日(火)放送の第3回「関さんぽ#3 in深谷」を振り返る。今回は埼玉県深谷市へ。なぜ深谷に来たのか? 実は、関のご先祖様・畠山重忠生誕の地。まずは「畠山重忠公史跡公園」を訪れ、ご先祖様の墓参り。また、江戸中期のわずか10ヵ月間にお

ページトップへ
Twitter Facebook