9月22日(土)に、メ~テレ開局55周年記念ドラマ『乱反射』(メ~テレ/テレビ朝日系、22:15~24:08)に放送される。主演の妻夫木聡と井上真央が夫婦役を演じることは既報の通りだが、この度、萩原聖人、三浦貴大、鶴見辰吾ら個性派俳優陣が出演することが発表された。同ドラマは、「日本推理作家協会賞」を受賞した貫井徳郎の同名小説を原作とし、『舟を編む』『夜空はいつでも最高密度の青色だ』の石井裕也監督がメガホンを取る。

モデルで俳優の水沢林太郎が、7月7日、14日に放送される吉川晃司主演の5週連続特別ドラマ『探偵・由利麟太郎』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00~)の最終章「マーダー・バタフライ前後編」に、冴えない新社会人役で出演することがわかった。

ページトップへ
Twitter Facebook