9月22日(土)に、メ~テレ開局55周年記念ドラマ『乱反射』(メ~テレ/テレビ朝日系、22:15~24:08)に放送される。主演の妻夫木聡井上真央が夫婦役を演じることは既報の通りだが、この度、萩原聖人三浦貴大鶴見辰吾ら個性派俳優陣が出演することが発表された。

原作は「日本推理作家協会賞」を受賞した貫井徳郎の同名小説。映像化不可能とも言われた傑作ミステリー小説を、『舟を編む』『夜空はいつでも最高密度の青色だ』の石井裕也監督がメガホンを取る。

物語は、地方都市に住む2歳の男の子が、ある事故に巻き込まれるところからスタート。新聞記者である被害者の父親・加山聡(妻夫木)は、息子の死の真相を突き止めようとし、「小さな罪」を働いた人たちに次々に接触していく。だが、彼らは自分のしたことが「殺人」だとは認めない。それどころか、なぜ自分が責められなければならないのか、誰もが怒りをあらわにし、追及する聡を逆に非難する。追い込まれた聡と母親の光恵(井上)は、幼い息子を失った悲しみと怒りの矛先を、自分自身に向けていくことを余儀なくされ……。

このドラマの登場人物は、そんな「小さな罪」を犯した、どこにでもいる「平凡な人」ばかり。その「平凡な人」たちとして、街路樹の診断をする足達道洋役に萩原、その上司である石橋忠行役に鶴見、アルバイト当直医の久米川治昭役に三浦、街路樹の管理をする市役所職員・小林麟太郎役に芹澤興人、その上司である上村育夫役に光石研、街路樹伐採の反対運動を起こす粕谷静江役に筒井真理子、田丸ハナ役に梅沢昌代、愛犬のフンを腰が痛いからという理由で始末しない老人・三隅幸造役に田山涼成といった実力派俳優たちが脇を固め、演技をぶつけ合う。さらに、妻夫木の上司・海老沢一也役を北村有起哉、後輩・大塚かなえ役を相楽樹が演じる。

萩原は、「(テレビドラマで妻夫木との)共演は本当に久しぶりだったが、妻夫木さんの表現にとても興奮した」と。また、田山は、「妻夫木君から放たれる“演技の乱反射”は嬉しい限りだった」と絶賛。『砦なき者』(2004年・テレビ朝日)をはじめ、親子役で共演したこともある筒井は、「これまで何度か母親役を演じさせて頂いた時は、とても可愛らしい少年でしたが、今回は精悍な男性になっていて、頼もしかったです。でも、笑顔はあの時の少年のままでした」と振り返る。さらに、鶴見は、「妻夫木さんと井上さんの共感できる自然な夫婦のやりとりは、ドラマを観る者の心に忍び寄るように迫る」と語った。

また、妻夫木との共演が3回目、石井監督の現場も3回目という光石は「石井監督は、回を重ねる度にジャッジが早くなっている気がします。以前から、スタッフ・キャストを束ねる統率力もずば抜けていたのですが、今回は益々、ジャッジ、統率力が抜群でした! 妻夫木さんも、どんどん削ぎ落とし、重心を落としている印象でした。監督が石井さんで、主演が妻夫木さん! この現場が楽しくない訳がありません。もちろん仕上がりも!」とにっこり。そして、北村は「この作品は、『ぜひご覧ください!』と言いづらい作品です。それだけ私は、この台本を読んで、ある種のショックを受けました。これは今の時代の日常にある陰を描いた作品です。そしてその陰は、すぐそこのお隣さんにあったりします。視聴者はドキッとしたりヒヤッとしたり、エンドロールでモヤモヤしたり、あちこちへ感情が蠢いているはずです」とメッセージを寄せた。

妻夫木と井上をはじめ実力派キャスト陣による、現代の日本社会の問題を斬新な切り口で暴き出す群像劇に注目が集まる。

有村架純が主演を務める新ドラマ『姉ちゃんの恋人』(カンテレ・フジテレビ系 毎週火曜21:00〜)が、10月27日にスタート。第1話では、林遣都演じる訳ありの青年・真人が時折見せる“憂いの表情”に、視聴者から「(ドラマを)ぐっと引き締めている」と絶賛の声が上がった(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook