楽して生きたいヒモ男・碑文谷翔(窪田正孝)とヒモを更生させたい女・春日ゆり子(川口春奈)の同棲生活を描く土曜ナイトドラマ『ヒモメン』(テレビ朝日系、毎週土曜23:15~)。8月25日放送の第5話は、川口、岡田結実片瀬那奈の3人が番組初となる副音声企画に登場する。

ゆり子の後輩看護師・浜野このみを演じる岡田、ゆり子の姉・桜子を演じる片瀬、そしてヒロイン・川口の3人が集合し、“ヒモメン女子会”と銘打ってしゃべり倒した今回の企画。ドラマの副音声企画に参加するのは初めてという3人は、収録前は口々に「緊張するなぁ」「初めてだから、どうしたらいいのか……」などと心配していたが、いざトークを開始するとその緊張はどこへやら、ドラマのあちこちにツッコミまくる。

第5話は、ヒモ男・翔の前に、“脱ヒモ”を請け負うプロフェッショナル・豊川稔(音尾琢真)が出現。恋人・ゆり子を救うために、なんと翔が働きはじめる……⁉ という驚愕のストーリーが展開される。翔が窮地に陥ると、3人は「翔ちゃん、がんばれー」と応援したり、彼の魅力について「妙に説得力があるし、パワーがあるよね」(片瀬)、「ゆり子とのかけ合いにキュンキュンしちゃう」(岡田)などとほめるが、「もし翔みたいなヒモが近くにいたら?」という話題になると、川口は「すぐ逃げる(笑)!」と間髪入れずにバッサリ。

副音声収録中、特に3人の声が揃ったのは、勝地涼演じるイケメン医師・池目亮介の登場シーン。池目先生が画面に現れ、濃厚なキャラを披露するたびに、「キターーーー!」「出た!暴れん坊!(笑)」と盛り上がる。川口は「レパートリーの宝庫ですね」と勝地のアドリブを絶賛し、裏話を次々と暴露する。また、「翔ちゃんと池目先生だったら、どっちとつきあう?」という“恋愛トーク”も。

第5話には、“世紀のモテ男”マイケル富岡や、主題歌を歌う超特急のリョウガがゲスト出演。さらに、川口は最近注目しているという芸人がチラッと出演しているのを発見する。一同が「超豪華!」と大興奮した人物は一体誰なのだろうか?

あなたの“声”が、ドラマに出演!『ボイスⅡ 110緊急指令室』が【“ボイス”オーディション】を開催決定!『ボイスⅡ 110緊急指令室』で、真木よう子さん演じる橘ひかりは、類まれな聴力と分析力を併せ持つ「ボイス・プ

ページトップへ
Twitter Facebook