高柳愛実

8月24日放送の『スポーツクロス』(BS朝日、毎週金曜23:30~)では、コーナー企画「GO!GO!部活」を担当する、番組フィールドキャスターの高柳愛実がゲストで登場。これまで体当たり取材してきた部活動を振り返り、「部活が心を動かす理由」に迫る。

元ヤクルトスワローズ選手・監督の古田敦也と、フリーアナウンサーの徳永有美がMCを務める同番組は「部活応援宣言!」をテーマに、本気でスポーツに取り組む全国のアスリートたちに密着。熱い気持ちで戦う彼らの“汗と涙の感動ドキュメント”や、強くて美しい“未来のなでしこ”などを紹介している。

中でも「高柳愛実のGO!GO!部活」は、元近鉄バファローズの投手として活躍した高柳出己を父に持つ高柳が、各地の様々な部活を訪れて取材し、時には実際に体験して紹介する人気コーナー。昨年4月からスタートし、高柳がこれまで体当たり取材してきた部活動は30校近くにも及び、部活の様子はもちろん、毎回頑張りすぎる高柳の姿も見どころになっている。

今回、そんな高柳と一緒に、取材してきたさまざまな部活を振り返っていくことに。以前に取材した部活生の“現在”も伝える。

また、東京五輪へ向けて期待の選手や、熱き絆で結ばれた友情など部活の素晴らしさが詰まった名シーンも大公開。さらにスタジオでは、部活で実際に行われているトレーニング「中華鍋バランス」を古田が体験。他にも、個性豊かなアイデア練習を総まとめで紹介する。

数々な部活と部活生を見てきた高柳が感じ、部活から学んだこととは? なぜ、部活に人は心動き、感動するのか。「GO!GO!部活」のテーマである「部活が心を動かす理由」に迫る。

サッカー界のスタープレイヤーの1人であるメッシ選手。 その彼に「一緒にプレーできて幸せ」と言わしめた、スペインを代表する世界的ストライカー、ダビド・ビジャ選手。2010年南アフリカW杯では、メッシ選手とともにスペインを優勝に導き、得点王にも選出されました。 「日本が大好き」と話すビジャ選手は

ページトップへ
Twitter Facebook