アラン(左)の裏切りにあう鷲津

綾野剛が主演を務めるドラマ『ハゲタカ』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)は、8月9日放送の第4話から第2部に突入。綾野演じる鷲津政彦の“新たな敵”として、これまで『DOCTORS~最強の名医~』や『黒革の手帖』でアクの強いキャラクターを演じてきた高嶋政伸が登場し、今作でも異彩を放つ彼の演技にはインターネット上で反響が相次いだ。

高嶋が演じるのは、PCメーカー「ファインTD」の社長・滝本誠一郎。第4話よりドラマの舞台は、鷲津の策略で三葉銀行の隠し口座の件が公となり、常務取締役の飯島亮介(小林薫)が失脚してから9年の月日が経った2010年に。鷲津率いるホライズンジャパン・パートナーズは国内有数の大手電機メーカー「あけぼの」の買収を画策する。その矢先、三葉銀行を辞め、企業再生のスペシャリストとして活躍していた芝野健夫(渡部篤郎)が「あけぼの」の再生担当執行役員に就任。それを知った鷲津は、買収の件を一旦保留にするよう、社員たちに命じる。

そんな中、滝本が「あけぼの」買収に動き始める。滝本は「あけぼの」に対し、最初は友好的な救済的買収を提案するが、芝野と社長の諸星恒平(筒井道隆)が拒否すると、一転「ファインは御社に対しTOB(株式公開買い付け)を仕掛けます」。すなわち敵対的買収を仕掛ける、と宣言。「私はほしいと思ったものは手に入れないと気が済まないタチでしてね」と不敵な笑みを浮かべる。

鷲津と滝本はある企業の懇親会で初めて出会う。食事の約束をして別れるが、鷲津は「ファイン」のバックにはアメリカの軍需産業ファンドである「プラザ・グループ」が潜んでいることを突き止める。

その後鷲津と滝本は高級クラブで再会。鷲津は滝本に対し「ホライズンジャパンは、『あけぼの』のホワイトナイトになることに決定しました」と宣言。滝本は「ハゲタカとして悪名高い鷲津さんが白馬の騎士として『あけぼの』さんを救済するとおっしゃるんですか?」と応戦し、「人の獲物を横からさらっていくとは行儀の悪いハゲタカだ」と皮肉を言う。鷲津はこれを否定し「私は自ら空を飛び、獲物を狩るハゲタカです」と言ってのける。

鷲津と滝本が対峙した緊迫感あふれるシーンや、鷲津が帰ったあと舌なめずりをする滝本の憎悪に満ちた表情には、「高嶋政伸がヤバい。一気にドラマを面白くしてくれた。分かりきってるけど、本当に憎たらしくてスゴい役者さんやな」「今回も気持ち悪さすら感じる悪役がぴったりハマってた」「登場からアクの強さ全開の高嶋さん……!! アクが……強すぎる……!!!」と反響が相次いだ。

その後、アラン(池内博之)の裏切りにあった鷲津は突然ホライズンジャパンを解雇になる。「ファイン」を訪れた鷲津は滝本に対し「私はホライズンジャパンは解雇されましたが、リタイアしたわけではありません。私は新たなファンドを立ち上げます」と告げる。

涙目になりながら滝本に“宣戦布告”する鷲津の姿には、「ゾワゾワした」「すっごく素敵でかっこよかった」と綾野の演技力を称賛する声も多く寄せられた。

北大路欣也が、8月27日に放送される沢村一樹主演ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)の第8話に特別ゲスト出演することが決定。シーズン1の『絶対零度~未解決事件特命捜査~』(2010年4月期)、シーズン2の『絶対零度~特殊犯罪潜入捜査~』(2011年7月期)に続く出演で、今回はシーズン3のキーパーソンとして登場する。

ページトップへ
Twitter Facebook