マツコ・デラックス有吉弘行が、視聴者から寄せられた「2人のお耳に入れておきたいこと」に対して、好き勝手にトークをしていく『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系、毎週水曜23:15~ ※一部地域を除く)。8月8日の放送では、37歳主婦からのメールをきっかけに、“悪口”について語り合った。

投稿者は「人の悪口を言い合うのは重要なこと」と持論を展開。しかし、どんなに話を振っても、頑なに悪口を言わない友人がいるそうで「信用できない」とコメントした。

この主婦の投稿に対し、有吉が「我々は悪口を言わなきゃ生きていけない人間ですから」と語るとマツコも「(自分たちは)悪口をお金に変えた人間」と同調。続けて「カマトトぶってるヤツが一番怖いからな!」と注意を促し、悪口を言わない人は「どこかおかしい」と結論づけた。

また、「人間は絶対に人の悪口を言う生き物なの」とマツコ。ネットで人の悪口を書き込むことは「人間の本性」であるとし、「ネットはすごく人間っぽい」と一定の理解を示す。マツコや有吉のように人前で言える人ならよいが、なかなか言えない人たちにとっては「(ネットに書き込むことは)ガス抜きになっている」と話し「あれはよくできた機能」と称えていた。

芸能人として気をつけなければならないことがあるという有吉は、ロケで飲食店などに入った際「仕事が終わって出て行ったら『有吉がさぁ~』とか悪口言われるから、絶対に忘れ物ができない」とコメント。マツコも同調し「人間って悪口を言うために口があるんだもん」と述べた。

有吉らのコメントについてネットでは「マツコさんの名言きたー」「確かに悪口言わない人は心配になる」と同調する意見があるものの、「信用できる相手にしか悪口は言わない」「そこまで他人に興味がない」といった声もあった。

ほか番組では、「何でもかんでもクラウドファンディングってどうなの?」という投稿に対するマツコ&有吉の見解や、有名店のミックスグリル、人気のウォータースライダーなどを特集した。

マツコ・デラックスが、毎回あてもなく気ままに夜の街を徘徊し、そこで出会った人々と交流をする『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日系、毎週木曜24:20~ ※一部地域を除く)。9月19日の放送では、先週に引き続き、東京湾アクアラインにあるパーキングエリア・海ほたるを訪れた。

ページトップへ
Twitter Facebook