水野雄仁

今年で100回目を迎える高校球児たちの夢舞台・夏の甲子園。「やまびこ打線」で甲子園夏春連覇を達成した徳島・池田高校の当時のエースで4番だった水野雄仁が、8月3日放送の『スポーツクロス』(BS朝日、毎週金曜23:30~)に登場する。

全国から数多くの高校が出場してきた夏の甲子園で、いまなお人々の記憶に鮮明に残る、徳島県立池田高校。四国の山間部に位置する県立高校ながら、爆発的なバッティングを武器に1982年夏、83年春と甲子園を制覇。甲高い打球音の金属バットを使い、打って打って打ちまくる攻撃野球は「やまびこ打線」と呼ばれ旋風を巻き起こした。

「高校野球を変えた」とまで言われる「やまびこ打線」とは、何だったのか。当時4番でエースを託され、「阿波の金太郎」の名で人気を博した水野が、池田高校を優勝に導いた名将・蔦文也監督の指導法などを語る。また、荒木大輔の大ちゃんフィーバーからKKコンビまで、高校野球のスターたちのドラマにも注目だ。

また、部活応援企画「高柳愛実のGO!GO!部活」では、前回に引き続き、9年連続インターハイ出場を誇る強豪、秀明八千代高校空手道部に潜入。今回は、中学時代に形競技で全国制覇を果たした“ツヨカワ女子”清水音乃選手に注目し、清水選手に最も得意な「スーパーリンペイ」という難易度の高い形を披露してもらう。

ゴミ清掃員のあるあるネタで注目されている芸人をご存知だろうか?お笑いコンビ マシンガンズの滝沢秀一さんは、芸人としての苦しい生活を打破するため、ゴミ収集会社に就職。その体験や気づきを綴ったツイッターが話題を呼んでいる。 著書『このゴミは収集できません ~ゴミ清掃員が見たあり得ない光景~』(白夜書房)がベストセラーになると、5月30日に発売された漫画『ゴミ清掃員の日常』(講談社)は発売前から予約が殺到。取材や出演のオファーが相次ぎ、かつての人気を上回るほどの快進撃を続けている。そこで今回は滝沢さん

ページトップへ
Twitter Facebook