テレビ朝日新人シナリオ大賞』(主催・テレビ朝日、後援・朝日新聞社、BS朝日、東映、幻冬舎)の第18回受賞者が決定し、11日に東京・港区六本木のテレビ朝日本社内で、決定発表記者会見並びに授賞式が行なわれた。

2000年7月に創設されて以来、数多くのシナリオライターを輩出してきたシナリオ大賞。第2回大賞受賞者である古沢良太は、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』『探偵はBARにいる』シリーズや、ドラマ『リーガルハイ』『コンフィデンスマンJP』(いずれもフジテレビ)などで知られる人気脚本家に。第6回優秀賞受賞者の坂口理子は、2013年公開のスタジオジブリ製作のアニメーション映画『かぐや姫の物語』の脚本を手がけ、朝の連続テレビ小説『マッサン』(NHK)にも脚本協力として参加。最近では、映画『恋は雨上がりのように』(2018年5月公開)、映画『この道』(2018年秋公開予定)の脚本も手がけている。そして、第9回ファイナリストの伊藤洋子は、テレビ朝日のドラマ『遺留捜査』『刑事7人』などの脚本を担当するなど、活躍を続けている。

18回目となった今回は、全3部門で計1414篇の応募があり、第1次選考は日本脚本家連盟に所属する脚本家の方々によって行われ、189篇が通過した。第2次、第3次選考は、テレビ朝日のプロデューサー、ディレクターなどで構成された“社内選考委員会”によって審査が行なわれ、第3次選考で9篇に絞り込まれた。

そして、5月24日に選考委員の井上由美子岡田惠和両沢和幸の3氏による最終選考会がテレビ朝日本社で行なわれ、3篇の受賞作品が決定。その結果、今回は大賞該当作はなく、優秀賞に松本稔さんの『はとポップ!』(テレビドラマ部門)、川瀬太朗さんの『ハッチ&ハイク』(映画部門)の2作が、奨励賞に板谷将行さんの『風に吹かれて』(配信部門)が選ばれた。

司会の野村真季アナウンサーから名前を読み上げられた優秀賞の2人は、「今年53歳になりますが、比較的将来の少ない男に“新人”と名のつく賞を与えていただいてとても感謝しています」(松本さん)、「今、妻が妊娠中で、たくさんテレビドラマを録画しているのを見て、テレビドラマには“力”があるなと感じています」(川瀬さん)と挨拶。

また、奨励賞に選ばれた板谷さんは5年前、人気脚本家・中園ミホから激励を受けたエピソードを告白。「『キミは売れると思うから5年、頑張って』と言われ、ちょうど5年経った今年、この賞をいただくことができました。先見の明があったんだなと思いました(笑)」と話し、会場の笑いを誘っていた。なお優秀賞には100万円、奨励賞には50万円の賞金が贈られることになっており、授賞式では受賞者の3人にテレビ朝日代表取締役会長兼CEO・早河洋より賞状と賞金の目録が贈られたほか、最終選考委員の3氏から副賞が手渡された。次回、第19回の募集については、公式HPにて近日掲載される予定となっている。

ページトップへ
Twitter Facebook