世界中が注目する4年に1度の大舞台サッカーワールドカップが6月14日に開幕する。これを受け、6月1日放送の『スポーツクロス』(BS朝日、毎週金曜23:30~)では、前回に引き続き、2か月前に監督交代に踏み切った日本代表を特集する。

ゲストに、解説者の松木安太郎、サッカー大好き芸人のパンサー・尾形貴弘、日本代表などを取材するサッカージャーナリスト・西川結城を迎え、熱い討論を展開。

西野ジャパンとしてリスタートした日本代表は、ポーランドやコロンビア、セネガルと同じグループに入っている。果たしてグループステージを勝ち抜くことはできるのか?

サッカー愛に溢れる3人が、それぞれの目線から「初戦のコロンビア戦について」や「グループステージ突破のカギ」について熱く語る。さらに「グループステージの勝敗予想」も大公開。果たして3人はどんな予想をたてたのか?

そして、フィールドキャスター・高柳愛実による部活応援企画「高柳愛実のGO!GO!部活」。今回は、日体大荏原高校ライフセービング部に潜入する。2015年創部で、まだ歴史の浅い部活ながら、社会人や大学生も参加する全日本選手権で4位入賞を果たした強豪校だ。

ライフセービング競技とは、実際のレスキューを想定した救助技術を競うスポーツで、海で行われるオーシャン競技とプール競技があり、それぞれ個人種目、団体種目など様々なレースが行われている。

今回高柳は、神奈川県片瀬西浜海岸で、レスキューに必要な技術習得と体力向上のため練習に励む部員たちから、人命救助を目的とした競技の魅力とその真髄に迫る。

3月22日(金)から26日(火)、東京五輪アジア最終予選を兼ねる「AFC U‐23選手権」の本戦出場をかけた予選がミャンマーで開催される。 最強世代とも謳われる“東京世代”にとって、今大会は“絶対に負けられない戦い”のひ

ページトップへ
Twitter Facebook