2019年4月、テレビ朝日開局60周年記念作品としてスタートする帯ドラマ劇場『やすらぎの刻~道』。帯ドラマ劇場第1弾の『やすらぎの郷』に続き、倉本聰氏が脚本を手がけるこの作品で、“出演者オーディション”を開催することが決定した。

次回 11月28日(土)よる10時 第8話が放送の日本テレビ系土曜ドラマ「35歳の少女」。今作の中の象徴的な場所の一つである「図書館」。第1話では、「目なんか覚めなきゃ良かった」とポロポロ涙をこぼす望美(柴咲コウ)に、結人(坂口健太郎)が望美は初恋の人であるこ

ページトップへ
Twitter Facebook