ロンドン五輪メダリスト平野早矢香、卓球日本代表の強さを徹底解説

4月20日放送の『スポーツクロス』(BS朝日、毎週金曜23:30~)に、2012年ロンドン五輪女子団体銀メダルの平野早矢香がゲストで登場。今、大注目の卓球日本代表の強さ徹底解説する。

今年1月の全日本選手権男子シングルスで日本のエース・水谷隼を破り、史上最年少優勝を果たした天才中学生・張本智和(14歳)。女子シングルス・女子ダブルス・混合ダブルスの3冠を達成した伊藤美誠(17歳)。昨年の世界選手権女子シングルスで銅メダルを獲得した平野美宇(18歳)。全日本選手権やワールドツアーなどの国際大会のダブルスで、伊藤美誠とペアを組み、数々の優勝を手にしている、早田ひな(17歳)。この、黄金世代と呼ばれる彼らの強さは一体どこにあるのか? 日本卓球界躍進の秘密とは? 2020年東京五輪へ向け、メダルの期待が高まる卓球日本代表の強さの秘密に迫る。

また、フィールドキャスター・高柳愛実による部活応援企画「高柳愛実のGO!GO!部活」は、「都立富士高等学校・付属中学校 薙刀(なぎなた)部」の前編をおくる。

富士高校薙刀部は、日本古来の武道「なぎなた」に全てをかける女子高生の青春を描き、昨年映画化された人気漫画『あさひなぐ』のモデルにもなった部。長さ2メートル以上の競技用なぎなたを使い、剣道のように防具をつけて打ち合う武道だ。特に形を重視することから「美の武道」とも呼ばれ、女性に人気上昇中という競技の魅力を高柳が探る!

3月24日に東京・ビッグサイトで開催された「Anime Japan2019」で、新TVアニメ『フルーツバスケット』(テレビ東京系、4月5日スタート、毎週金曜25:23~)の放送直前SPステージが行われ、声優の石見舞菜香(本田透役)、島崎信長(草摩由希役)、内田雄馬(草摩夾役)らが作品をアピールした。

ページトップへ
Twitter Facebook