マツコ・デラックスが、毎回あてもなく気ままに夜の街を徘徊し、そこで出会った人々と交流をする『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日系24:15~ ※一部地域を除く)。4月12日の放送では、先週に引き続き、東京・千代田区にあるホテルニューオータニへ潜入した模様が放送された。

同ホテルの回転展望レストラン「VIEW & DINING THE Sky」へ訪れたマツコ。戦艦大和の主砲を回す技術が応用されて回転しているとのことで、席に着くと「意外と動く」と驚く。90種類のメニューが楽しめるビュッフェがあることが紹介されたのだが「私、こう見えて恥ずかしがってビュッフェには行けないタイプなの」と言い「勇気を振り絞って行く」と重い腰を上げた。

まず、マツコはサラダやスープなどをチョイス。「せっかくこういうところへ来ているのにブロッコリーに手がいく……やっぱり私ってカワイイわよね」と自画自賛した。いざ食してみるとドレッシングの美味しさに驚くも「でもまだ“ニューオータニ”に来た感はないわね」とポロリ。「ここからですよ」とスタッフに煽られたが「私、こういうところに来ると普段不健康な食生活をしている分、異様に野菜を食う女になるのよ」と明かした。

せっかく来たのだからと促され、他の料理も見に行くことになり、まずはお寿司コーナーへ。にしんやマグロなどを注文していると、サプライズで誕生日のお祝いをする団体に遭遇する。一緒にお祝いするマツコだったが「これタイミングが良すぎない? 仕込みか?」と疑う。

お祝いされた女性が「私の情報源の80%はマツコさんです」と喜ぶと、マツコは「それは偏るからやめた方がいい。正気に戻って」と返し女性を笑わせる。さらにここで別の席にいた小さな子どもが「おめでとうございます」とお祝いしに来ると「“おめでとう”言いに来てくれたの? ちょっと! 何このニューオータニの過剰演出」とツッコんだ。

前出の発言とは裏腹に天ぷらやスイーツなど急ピッチで胃に流し込むマツコに、ネットでは「飯テロ」「美味しそう」と反響。その影響からか、マツコ効果で「ニューオータニのHPが見れない」「アクセスがスゴイ」とつぶやく人もいた。

ページトップへ
Twitter Facebook