今年3月に開催されたパーパーの初単独ライブが、CSテレ朝チャンネル1独占でテレビ初放送。『東京お笑いライブマニア「パーパー単独ライブ ほいほいはひふへほ」』と題し、4月6日(金)19時より前編が、4月13日(金)19時より後編が放送される。

小劇場で行われているライブの多くはクオリティーが高く集客もあるが、今まで映像化されず幻と化してきた。『東京お笑いライブマニア』では、東京でしか見られない厳選されたマニアックなお笑いライブを放送し、全国の人々に届けている。

可愛らしい声と不思議なキャラクターが魅力の“あいなぷぅ”と、個性的な台詞回しとツッコミが特徴の“ほしのディスコ”から成るパーパーは、2014年に結成された、マセキ芸能社所属の若手男女コンビ。『キングオブコント 2017』ファイナリストや『お笑いハーベスト大賞2017』優勝で話題になった。2人は「コンビ仲が悪い」ことを公言しており、ネタ合わせはほとんどしないという。そんな彼らが繰り広げる異彩を放ったコントは、あいなぷぅの素で“不思議ちゃん”な部分を魅力的に切り出し、絶妙にブラックでクセになる笑いを作り出している。

今回の単独ライブでは、あいなぷぅが初めての○○に挑戦し、ネタ中に練習の成果を披露するというサプライズ演出が。単独ライブまでの期間、厳しい練習に励むが、その結果は如何に? 一方のほしのは、ライブ中に流される映像内で、勇気を振り絞り、あいなぷぅにとあることを申し込む。その行方とは?

ネタ作りを担当しているほしのは、今回のライブについて「色々なネタをやっているんですが、映像にも力を入れています。あいなぷぅや僕が個々で様々なことにチャレンジをしていたり、コンビでもあることにチャレンジしたりしています。ネタはもちろんですが、映像も盛り沢山なので楽しんで見ていただけたら」とコメントを寄せる。

なお、2週に分けて放送される番組では、特典映像としてオリジナルロケを敢行し、お笑いファンから「可愛らしい」と人気があるあいなぷぅの休日に密着している。気のおけない友人に見せる笑顔や素の表情など、この番組でしか見られない貴重なシーンが満載だ。

先生と会いたい芸能人が自らの手で探し出し、ガチで居場所を突き止める「先生、、、どこにいるんですか?~会って、どうしても感謝の言葉を伝えたい。~」(毎週金曜夜6時55分放送)。今回は10月11日(金)の放送から、俳優・加藤雅也が芸能界に進む時に、背中を押してくれた恩師を探す模様を振り返る。「お金を払ってでも勉強しろ」芸能界入りを悩む加藤への言葉俳優の加藤雅也(56歳)が、今、どうしても会いたいのは、35年前、大学のゼミでお世話になった助教授、蝶間林利男先生。比較的歳が近かったこともあり、「先生とい

ページトップへ
Twitter Facebook