ドラマや映画、バラエティーに舞台とマルチな活躍を見せる大泉洋。北海学園大学の演劇研究会出身で、森崎博之安田顕戸次重幸音尾琢真の5人で結成されている演劇ユニット「チームナックス」のメンバー。このメンバー全員が唯一総出演する『ハナタレナックス』(北海道ローカル、毎週木曜24:15~)全国ネット特別番組の第4弾『HTB開局50周年記念 ハナタレナックスEX(特別編)チームナックスとゆく 北海道美食めぐりの旅 in 小樽』が、2月4日(日)13時55分からテレビ朝日系で放送される。

今回で4回目となる『ハナタレナックス』の全国放送。これまで過去3回、20年以上にわたり、彼らと番組を制作してきた杉山順一プロデューサー(編成局 総合制作部)や番組スタッフに彼らの“生態”について伺うインタビュー特集を実施してきたが、今回はチームナックスのメンバー5人を直撃。その模様を5回にわたって、動画付きで連載していく。さらに、メンバーがお互いどう思っているのか、“あの人について語る”という企画もリレー形式で実施している。

5回目となる今回は、杉山Pも「他人との距離の取り方が天才的」と称賛する大泉さんにインタビュー。今回の旅の見どころについて語っていただいた。

――今回の舞台「小樽」。オッサン5人旅の注目ポイントを!

僕ら札幌に住んでいる人間にとっては、小樽は昔から身近な場所。しょっちゅう行けるところではあるのですが、最近行っていなかった小樽を再発見できたというか……。さすが“ハナタレさん”というロケができまして、こんなに楽しいところがまだあるんだ、と思える旅でした。毎回思うのですが、オッサン5人で旅をしても楽しんだなって(笑)。ご飯も美味しかったですし、今回はいろいろ体験させてもらいました。

――昨年の舞台「知床」では、泥酔したまま出演してしまうという失態!? を犯し、メンバーや番組スタッフを驚かせていましたが、今年の旅は?

前回の知床に比べると、ナックス自身そこまで醜い争いや、口汚い争いは無かったような気がするんですんですけど……(苦笑)。どうですかね? 知床に比べたら、ちゃんと大人な旅をしたんじゃないかと。

――1年ぶりの全国放送ですが……

前回も、もちろん面白かったのですが、こんな醜い我々を(全国放送で皆さんに)見て欲しくないというか……。ま、醜いんですけどね、我々が(笑)。なにも自分たちから晒す必要はないだろう、みたいなね。それと比べると今回は、大人な旅になっている気もします。我々も知らなかったような小樽の魅力も沢山でてくるので、北海道の“宣伝大使”としては、そういったところをぜひ見ていただきたく、小樽の良さを知って欲しいですね。

■「大泉さんから安田さん!」リレー企画<第5弾>

――安田さんについて。尊敬している部分は?

やはり、僕たちには全く“想像もできない発想と爆発的な面白さ”ですね。僕らはどこかで“安田頼み”ってところがいつもあります。困ったら、安田さんが何か笑わせてくれるだろう、と。僕なんかは、安田さん、森崎さん、戸次さん、音尾さんが、ドカンッ! っと弾ける間を“繋いでいる”感じです。その中でも、安田さんの面白さというのは、全く僕にはできないことなので、尊敬してますね。

――安田さんに言いたいことは?

それは山ほどあるんですけど……(笑)。もう少し、普通に心を開いてくれると楽だなって思います(笑)。お酒を飲まないと喋ってくれないので、普通に話したいなって想いが僕にはありますね(笑)。

――今回の旅では?

今回は、安田さんと2人でロケに出て、オルゴール作りなど体験しました。メンバーの中でも特に僕とは話さないので、その僕とあれだけ楽しくロケができたというのは素晴らしいんじゃないですかね(笑)。

――視聴者にメッセージを!

今回の『ハナタレナックス』特別編は、小樽でございますけども、本当に美味しいお料理と、我々も知らなかったような小樽の魅力が沢山登場します。そこに、オッサン5人のくだらない、どうでもいいトークが展開されておりますが、どうなんでしょうね……。そんなに自信を持ってオススメできるものではありませんが、見た方は“大変面白い”と言っていただけているので、そうなのかなくらいな感じなのですが……(笑)。本当にやることが無かったら、ぜひ見てみてください。よろしくお願いします。

今回の旅で一行は、レトロなボンネットバスに乗り込み観光ツアーへ出発する。「オッサン5人がただ食べるだけ」では芸がない! ということもあり、ところどころに用意された、グルメを賭けたちょっと意地悪なクイズやゲームも行われる。時に怒ったり、愚痴ったり、こぼしたり、ボヤいたり、店員さんに一目惚れしてみたりと、チームナックスらしい一面もちらほら。

大泉が、安田とロケに出た、ある体験での2人のやり取りも楽しみだが、かつて北海道開拓の玄関口として北前船が往来し、ニシン漁で繁栄を極めた小樽には、運河や北海道初の鉄道、ニシン御殿など激動の明治・大正・昭和を感じさせる施設や建物もたくさん残っている。そんな歴史も交えながら届ける第4弾「小樽旅」はどこを取っても見どころだらけだ。

大泉は、“醜い我々”と言っていたが、インターネット上では、そんな彼らの飾らない“素”の姿が見られることもあり、「ハナタレナックスやっぱ面白い!」「5人の素が見られて素敵でした」「5人のやり取りが素で良かった」「カメラの前で終始素の5人のおじさんが見られてよかった、来年もお願いします!」と毎回反響。今回も相変わらず素顔と本音丸出しの旅で、爆笑必至となるに間違いない。

沖縄の方言の難しさは誰しも知っているだろう。だが沖縄県民もわからないほど難しいのが宮古島の方言だという。他県民には似たり寄ったりだが、沖縄県民からすると宮古島の言葉の難しさは尋常ではないらしい。 そこで今回は、宮古島の方言講座といこう。例文は、これだ! だいず あぱらぎ みどぅんやー まーつき むぬ ふぁうがー うーん、まったくわからない。ひとつひとつの単語が日本語とは思えないのだが。英語や中国語の方がまだわかるんじゃないだろうか。 宮古島の人たちに解説してもらおう。 ...

ページトップへ
Twitter Facebook