本業は役者ながら抜群のユーモアセンスで北海道中に笑いを振りまく人気演劇ユニット・チームナックス(森崎博之安田顕戸次重幸大泉洋音尾琢真)。彼らが唯一総出演する『ハナタレナックス』(北海道ローカル、毎週木曜24:15~)全国ネット特別番組の第4弾『HTB開局50周年記念 ハナタレナックスEX(特別編)チームナックスとゆく 北海道美食めぐりの旅 in 小樽』が、2月4日(日)13時55分からテレビ朝日系で全国放送される。

今回で4回目となる『ハナタレナックス』の全国放送。これまで過去3回、20年以上にわたり、彼らと番組を制作してきた杉山順一プロデューサー(編成局 総合制作部)や番組スタッフに彼らの“生態”について伺うインタビュー特集を実施してきたが、今回はチームナックスのメンバー5人を直撃。その模様を5回にわたって、動画付きで連載していく。さらに、メンバーがお互いどう思っているのか、 “あの人について語る”という企画もリレー形式で実施している。

まずは、杉山Pも「チームナックスの“屋台骨”のような存在」と絶賛する“リーダー”こと森崎さんに今回の旅の見どころについて語っていただいた。

――今回の舞台「小樽」。オッサン5人旅の注目ポイントを!

札幌からすごく近くて、距離は40キロくらい。海もあって温泉もあって、素晴らしい場所なんですけど、小樽は、修学旅行生や海外の方が観光に来る場所というイメージがあり、なかなか行くことがなかった場所でした。おたる水族館があるので、子どもを連れて、美味しいものも食べて帰ったこともありますが、“あれ? ここ知らなかった! こんないい場所がある! また行きたい!”というようなスポットがあったことを知ることができたのが、まず大きな発見でした。ましてや、オジサン5人グループでね、こんなにキャーキャー楽しめるものなんだと。結構、“キュンキュン”トキメキましたね(笑)。凄いエンターテイメントだったなぁ~。

――昨年の舞台「知床」では、看板探しの旅を展開。自信満々だったリーダーだが、人の話をちゃんと聞いておらず、ある看板を見落としてしまうというミスに、メンバーから総ツッコミされるという一幕があったが……。今回、ご自身の旅に点数をつけると?

点数ですか……。100点です(笑)!

■「森崎さんから音尾さん!」リレー企画<第1弾>

――音尾さんについて。尊敬している部分は?

ほぼ無いですが……。彼は、一緒に歩いていると、悪い人に絡まれなさそうで便利ですね。もう“ホンモノ”のようなビジュアルになってしまったので……。(イメチェン)思い切ったね~。そこは尊敬しているかな(笑)

――今回、音尾さんの旅っぷりはいかがでしたか?

あいつは0点です! 音尾くんって、せっかく目と目の間が4.2cm離れていて、ファンの皆さんから魚顔ってことを凄く認識されているんです。なので、せっかくおたる水族館に来たわけですから、なぜ、ここぞとばかりに水槽に入らなかったのか、そこがちょっと不満です。これは、魚顔であるお前のためのロケだろう! トドやペンギンのショーとか見られたのに、なぜ魚顔を活かした“音尾ショー”が見られなかったのか。せっかくの全国放送ですから、あの顔を活かしてやって欲しかったです。

リーダー森崎からまさかの0点評価をもらった音尾。今回の旅で一行は、レトロなボンネットバスに乗り込み観光ツアーへ出発する。「オッサン5人がただ食べるだけ」では芸がない! ということもあり、ところどころに用意された、グルメを賭けたちょっと意地悪なクイズやゲームも行われる。時に怒ったり、愚痴ったり、こぼしたり、ボヤいたり、店員さんに一目惚れしてみたりと、チームナックスらしい一面もちらほら。

森崎がオススメした水族館以外にも、視聴者プレゼントとして小樽ならではのお土産を手作りしたりと、内容も盛りだくさん。さらに、かつて北海道開拓の玄関口として北前船が往来し、ニシン漁で繁栄を極めた小樽には、運河や北海道初の鉄道、ニシン御殿など激動の明治・大正・昭和を感じさせる施設や建物もたくさん残っている。そんな歴史も交えながら届ける第4弾「小樽旅」はどこを取っても見どころだらけ。そんな中、相変わらず素顔と本音丸出しの旅は今回も変わらず。これまでも、彼らの飾らない“素”の姿が見られることもあり、インターネット上では、「ハナタレナックスやっぱ面白い!」「5人の素が見られて素敵でした」「5人のやり取りが素で良かった」「カメラの前で終始素の5人のおじさんが見られてよかった、来年もお願いします!」と反響だっただけに、今回の旅にも期待が高まる。

ページトップへ
Twitter Facebook