ミュージカル界のプリンス・山崎育三郎が、入会金200万円・成婚率100%という結婚相談所の所長・藍野真伍を演じている連続ドラマ『あいの結婚相談所』(テレビ朝日系列、毎週金曜23:15~)。これまで藍野が突然歌って踊るというシーンが何度か劇中に登場し、インターネット上でも反響があったが、8月18日放送の第4話では、冒頭から存分に育三郎ワールドが展開。初回からこの世界観にハマる視聴者から歓喜の声が上がっていた。

10月10日(木)深夜1時からスタートしたテレビ東京の新ドラマ『新米姉妹のふたりごはん』。ドラマでは山田杏奈、大友花恋がW主演を務める。原作は『月刊コミック電撃大王』で連載する人気コミック。親の再婚で突然姉妹となった女子高生2人が、料理を通じて絆を深めていく物語だ。実写化が発表された8月にはTwitterのトレンド入りするなど、ファンの期待も高く、ドラマ第1話も話題を呼んだ。主役の姉妹の一人「サチ」を演じるのは、2018年の映画「ミスミソウ」で初主演を果たし、数々の映画やドラマに出演する期待の若

ページトップへ
Twitter Facebook