関ジャニ∞村上信五と女優の黒木瞳がMCとして初タッグを組み、次世代を担うスター・パフォーマーの発掘を目指す、リアリティ音楽オーディション番組『音楽チャンプ』(テレビ朝日系列)が、6月30日(金)の23時15分から24時15分(※一部地域を除く)に放送。

この番組は、歌、ピアノ、ダンス、バンドなど、音楽のあらゆるジャンルで老若男女問わず全国からパフォーマーを募集し、次世代のスター候補生を発掘する、一大オーディション。円形の豪華なステージで観客や豪華ゲストに360度取り囲まれた中、この日のために積んだ練習の成果を披露する。ポイントは、「辛口審査員による採点」と「ロボットによる採点」で、2つの視点から挑戦者を評価する採点システムとなっており、その道の第一人者による「プロの審査」はもちろん、ロボット採点機“チャンプくん”による「テクニカル審査」と、両方の高評価を勝ち得ないとオーディション通過できないといった日本一厳しい!? オーディションが開幕する。

今回は、「歌唱部門」で挑戦者を募集。動画審査を経て予選ブロックに進んだ6名が、一切の妥協を許さない鬼審査員たちの洗礼を受けながら、決勝進出の上位2枠を競い合う。そして、激戦を勝ち抜いた決勝進出者には、辛口審査員より「課題曲」が与えられ、決勝ブロック開催までの1週間、審査員みずからがみっちり個別指導。決勝進出者はそれぞれの弱点を克服した成果を、優勝賞金100万円がかかる大舞台で披露する。

緊張度MAXのオーディションを進行するのは、関ジャニ∞の村上と黒木。トークのセンスを生かして数々の番組司会に引っ張りだこの村上と、宝塚歌劇団出身・女優としてトップを走り続けながら、映画監督など多方面で活躍する黒木が、未知なる逸材が世にはばたく瞬間を、感動とともに届ける。

今回の番組について、村上は「挑戦者のみなさんからは、レベルの高さとハートの強さ、いい意味の野心が伝わってきました。ロボットと人間の両方に審査されるという初めての試みで緊張もあったと思いますが、歌もしゃべりも本当に堂々たるもの。みなさんがスターの素質を持っていると感じました。僕ほどではないですけどね(笑)」。黒木は「オーディションというのは酷なものですよね。わたしも他人事とは思えず、みなさんを応援する気持ちで見ていましたが、決勝に進む方はもちろん、落ちた方もきっとこの悔しさをバネに頑張られると思います。決勝では、持ち歌で挑戦された予選とは違って、同じ課題曲を、しかも決勝進出のお二人とも初めて歌うという曲を、1週間かけて練習し挑戦なさるということなので、それぞれがどうものにされるのかは本当に見ものだと思います。今から決勝が楽しみです」と語っている。

気になる素朴な疑問やお悩みを、人生の達人・所ジョージがすっきり解決!学校では教えてくれない世の中の裏側や知られざる真実を、笑いながらお勉強する「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」(毎週金曜夜9時)。今回「テレ東プラス」では、3月20日に放送された番組の中から、人気コーナー「開かずの金庫を開けろ!」の内容をプレイバックする。元総理大臣の生家である豪邸に開かずの金庫が眠っていると聞き、レポーターの金子貴俊がやって来たのは滋賀県守山市。江戸時代には中山道67番目の宿場町「守山宿」として栄え

ページトップへ
Twitter Facebook