剛力彩芽が主演する『女囚セブン』(テレビ朝日系列、毎週金曜23:15)。“殺人罪”という無実の罪をかぶった剛力演じる神渡琴音が、女子刑務所でアクの強い女囚たちから壮絶なイジメを受けながらも、毎回女囚たちをやり込め、最後にはひとりずつ懐柔していく痛快な啖呵が話題だ。ついに、琴音を冤罪に陥れ、黒革の手帳の在り処を血眼になって探っている人物の正体は内藤法務大臣だということが判明した。5月26日放送の第6話では、山口紗弥加演じる“ヅカ”こと楠瀬司がフィーチャー。

次回、1月26日(日)よる10時30分放送のドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(読売テレビ・日本テレビ系)は、清野菜名と横浜流星ダブル主演。清野は、囲碁棋士の川田レンと世の中のグレーゾーンにシロクロつける謎の存在【ミスパンダ】を、横浜は、大学

ページトップへ
Twitter Facebook