才能と美貌を併せ持つ女子アスリート界の“エンジェル”5人が、前回に引き続き3月10日放送の『スポーツクロス』(BS朝日、毎週金曜23:24~)に登場。

競技への熱い思いや素顔に迫っていく、番組恒例の企画“クロスエンジェル特集”の第3弾で、スタジオには射撃界期待のエンジェル・末本佳那、高校陸上の名門・東京高校出身のエドバーイヨバ、水球女子日本代表としても活躍する鈴木琴莉、2015年にムエタイ世界王者に輝いた伊藤紗弥、そしてテコンドーの全日本選手権で優勝した松井優茄の5人がゲストで登場する。

後編となる今回は、エンジェルたちにとって欠かせない競技グッズや将来に向けての思い、そしてプライベートな部分にも迫っていく。陸上のエドバーイヨバは、高校時代から続けているという、あるアイテムを使った練習法を披露。そして、ムエタイの伊藤と、テコンドーの松井は、MCの古田敦也を相手にキックの実演を。

そして、競技を始めてわずか2年で、ユースの国際大会で銅メダルを獲得した射撃界のエンジェル・末本は、「100万円あったら何に使う?」という質問に対し、堅実な一面を見せる。水球の鈴木は、「時間がある時のリラックス法は?」という質問にまさかの答えを披露する一幕も。

この収録後、古田とMCを務める高柳愛実は、「今回のエンジェル特集は、アスリートの素顔にもスポットを当てました。“好みの男性は?”といったプライベートな質問もありましたが、皆さん恋愛より競技への想いの方が強いように感じられました。私も現役時代は、何があっても“競技が一番”でしたので、すごく共感できるところでした。また、“オフの日の過ごし方”についてもアスリートならではの回答で、そうした日々の努力があるからこそ、結果を残すことができるんだなと思います」とコメントしている。

プロテニスプレーヤーの錦織圭が、5月25日(土)19時から3時間に渡って放送される『炎の体育会TV SP』(TBS系)にゲスト出演することがわかった。錦織はシーズン中にも関わらず、番組に緊急参戦。21枚の的をショットで射抜く100秒チャレンジ企画「テニスショット21」に挑戦する。

ページトップへ
Twitter Facebook