今年で45周年を迎えた仮面ライダーシリーズ。現在、平成仮面ライダーシリーズとしては18作目となる『仮面ライダーエグゼイド』(テレビ朝日系列、毎週日曜8:00~)が 、10月2日よりスタートしている。当初、その斬新なビジュアルは、ネット上をザワつかせていたが、初回放送後には「斬新で面白い! そしてキャラデザが可愛いw」「エグゼイドに夢中なう!」「最高すぎ!」と見事に下馬評を覆した。

『仮面ライダーエグゼイド』は、仮面ライダーシリーズでは初となる主人公がドクター(医者)だ。患者の命を助けるリアルなヒーローであるドクターが、人類の命を守ってきた仮面ライダーの力を得て、最強の正義のヒーローとなって悪と戦う。

同作品の主人公・宝生永夢(飯島寛騎)は聖都(せいと)大学附属病院・小児科に勤務する研修医で、仮面ライダーエグゼイドに変身し、未知のウイルスであるバグスターと戦うヒーロー。今作では、他にもライダーに変身できる医者や個性的なキャラクターが続々と登場して人気を集めている。男性キャストが多い中、紅一点の松田るかは、仮野明日那(かりの・あすな)/ポッピーピポパポといったキャラクターを一人二役で演じており、インターネット上では、「松田るか、ちょーかわいい!!」「全てが好き」「可愛すぎて失神しそう」「明日那の有能仕事人っぽい感じもポッピーピポパポのあのテンションも上手! なにより声が凄い!」と男女問わず、熱い支持を受けているようだ。

今回は、そんな松田さんに、明日那/ポッピーピポパポについてや、共演者、現場の様子、将来目指す俳優像などに加えて、現在公開中の映画『仮面ライダー 平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴースト with レジェンドライダー 』(12月10日全国ロードショー)のみどころを語っていただきました。

――出演決定時の心境は?

最初はもう、「嬉しいやったー!」って喜びましたが、歴史ある作品だけに、後から徐々に“責任”というのもやってきて、心配性なのか色々考えてしまうことがありました。子どもたちに受け入れてもらえるかな~とか……。

――仮野明日那/ポッピーピポパポ、それぞれどんなキャラクター?

仮野明日那は、衛生省から極秘部署・電脳救命センター(CR)に派遣された真面目な職員で看護師をしています。しかし、その姿は仮で、本性は仮面ライダーをナビゲートする、ポッピーピポパポという音ゲーのキャラクター。彼女は、とても天真爛漫で、常に明るくて元気なキャラクターです。

――演じる上で、あえて準備されたことは?

声ですね。特に、ポッピーピポパポは2次元のキャラクターなので、より2次元に近付くにはどうすればいいかな、と思い、アニメを見て声優さんの喋り方を研究しました。普段、3次元で女優さんが喋っているテンションとは違って、より誇張したような感じを意識しました。例えば、声優さんの場合、振り向く仕草にも声が入ったりしますので、そういうところなどを色々意識して演じるようにしています。

――役の切り替えは難しいのでは?

切り替えに関しては、ポッピーの時はカチンコがなる前に、ちょっとぴょんぴょん飛び跳ねてみたりして、テンションが上がるようにしています! 役の切り替えにに関して難しいと思ったことはまだないのですが、これから壁に当たったときにでもすぐ越えられるよう、よりハッキリと役を演じ分けられるように心がけています。

――共演メンバーの中ではどんなキャラですか?

どちらかというと、いじられる側よりいじるほうです。例えば、最近現場で花家大我(松本享恭演じる)が劇中でやる「バーン!」っていう指鉄砲の仕草を、何かにつけて真似するのが流行っています(笑)。その人をいじるっていうより、役(のキャラクター)に対していじることが多いです。印象的な台詞を、わざと面白く言うなどして、ワイワイしています(笑)。

――初回放送の当日はどんな心境でしたか?

本当、緊張していて“無理だ”っていう感じでした。実は、初回の放送のオールラッシュといって、BGMも何も付いてない状態の映像を見せていただいた時に、自分の出来に凄く落ち込みました。もっと頑張らないと、という気持ちになり、色々反省をしました。

――その後の成長については?

演技力に関しては、客観的に見ないといけないと思うので、正直自分では、どのくらい成長できているのかはわかりませんが、現場の“進行”には、少しずつ慣れてきたと思っています。最初の方は、このカットが終わったら、次はどうするんだろうって、わからないところもあり、監督さんや助監督さんに教えてもらっていましたが、最近は“こう撮ったから次こう”とか、“ここの台詞を使うから、ちょっと前の私の台詞から返そう”とか、そういうのが段々わかってきたかなと思っています。

――女優としての将来のビジョンについて

『仮面ライダー』卒業後、男の子は他の作品でどんどん活躍している印象があるので、女の子にとっても登竜門的存在になっているんだということを、卒業してから示せるような女優さんになっていたいです。そして、別の作品でも、“松田るかを使いたい”と思ってもらえるように、“私にしか無いもの”をこの1年間でどんどん作り上げていきたいです。

――12月10日から公開の映画の注目ポイントは?

普段明るくて、ワーワーって言っているポッピーが、映画では、シリアスなシーンにも挑戦しているところが見どころです。もちろん、レジェンドライダーたちが出てくるのも、シリーズファンには欠かせないポイントですが、ポッピーのシリアスシーンにも注目して欲しいです(笑)。

――最後にメッセージを!

『仮面ライダーエグゼイド』は、キャラクターの見た目は凄くファンシーでポップなのですが、その見た目とは裏腹に、濃い人間ドラマが展開されていますので、お子さんだけでなく、大人の方が見ても、面白い作りになっています。また、これから先、思いもよらない展開が待っていますので、是非、皆様楽しみにしていただけると嬉しいです。

ドラマ『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)でゆとり世代のモンスター社員を演じてブレークし、ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』(NHK)、映画『淵に立つ』(2016年)、映画『50回目のファーストキス』な

ページトップへ
Twitter Facebook