上川隆也が主演するドラマスペシャル『検事の本懐』(テレビ朝日系列)が、12月3日(土)21時から放送されることがわかった。同作は、上川演じるヤメ検弁護士・佐方貞人シリーズ待望の第3作で、新パートナーには本仮屋ユイカが決定。佐方に反発しながらも補佐する東京地検の事務官・加東栞役を演じる。

同ドラマは、注目の作家・柚月裕子による原作をもとに、これまで、佐方が殺人事件の驚愕の真実を暴いた『最後の証人』(2015年1月24日)、検事時代の佐方が痴漢冤罪事件の真相を明らかにした『検事の死命』(2016年1月17日)が放送された人気シリーズ。

今回、佐方が新たに迫るのは、大物政治家が絡んだ贈収賄事件の衝撃の真相だ。東京地検特捜部との軋轢や事件関係者との確執をものともせず、「どんな事件も真っ当に捜査し、どんな罪も真っ当に裁かせる」という信念から、佐方はただ真実を明らかにするために奔走! はたして彼がたどり着いた、驚くべき事件の真相とは……!? さらに、罪を背負ったまま獄中死した父・陽世の秘められた真実が解き明かされる……。亡き父が残した29年前の謎とは?

そして、佐方とともに東京地検特捜部に派遣される同期検事・庄司真生に松下由樹、佐方を陰ながら支える筒井義雄部長に伊武雅刀、疑惑の渦中にある大物議員の大河内定和を寺田農ら、“佐方ワールド”を支えるおなじみのキャストが顔を揃える。そのほか、佐方の亡き父の謎を追う週刊誌記者・兼先守や東京地検特捜部の面々など、一癖も二癖もある人物たちが登場し、ドラマを彩る。

主演の上川は、「どんな作品でも演じ終わった時に後悔の無い様にと心がけています。続編を期待する事はありません。だからこそ、同じ役で改めてオファーを頂けた時の感慨は、新しい役に巡り会う時のそれとはまた趣の違う、何とも云えない喜びを感じます。今回3作目となるこのシリーズは、『現在・過去・過去』と時系列が不揃いに並んでいます。しかし佐方の人格形成に父・陽世の影響があることはかねてから理解して演じてきましたので、気持ちは揺らぎません。“佐方”の骨子は変わることなく、一貫しています。それがこの作品への最も正しい向き合い方だと考えていますし、今作での演技も改めて“佐方イズム”を確認する作業だったように思います」と明かした。

また、共演の本仮屋について、「この佐方シリーズに、また新たな風を吹き込んでくれる方だと、強く思っています。2人のやりとりが作品の中でホッと息抜きできるポイントになればと考えていましたが、思った以上の芝居で返してくださって、むしろ驚きました」と息もぴったりの様子。

一方の本仮屋は、「前作のオンエアを拝見していたので、今回、声をかけていただき、とても光栄に思っています。以前、上川さんと共演したときはわずか数時間ご一緒しただけでしたが、しびれるぐらい寒い日だったので、上川さんがずっと火にあたらせてくださり、すごくやさしい方だなと思っていました。今回じっくり共演させていただいたら、いったいいくつ目玉がついているのかと思うぐらい、端から端まで現場に気を配り、8人分ぐらい働いているスーパーマンみたいな方で本当にビックリ! 上川さんは、この現場の灯台のような存在です!」と明かした。

また、「私が演じる加東はとことん真面目な事務官で、今まで教わったことすべてに忠実にいようとする、頑なな女性。反発を覚えつつも、佐方検事の真実への向き合い方を尊敬するようになるので、その敬意を少しずつ出していこうと思いながら演じました。このシリーズは、佐方検事がどこまでもブレないところが魅力。“この時代にこんな人がいるんだ!”というカッコよさと、観終わった後の爽快感がいちばんのみどころ。その佐方に感化され、変化していく加東にも注目していただけるとうれしいです!」とアピールした。

中条あやみと水川あさみがW主演を務めるドラマ『白衣の戦士!』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第6話が、5月22日に放送。中条とジャニーズWEST・小瀧望のキスシーンが話題となった。

ページトップへ
Twitter Facebook