タレントの山咲トオルが、8月8日(月)に放送される『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系列、19:00~21:48)に出演。業界から干された戦慄の「しくじり」を告白することがわかった。

ホラー漫画家として活動(※代表作『戦慄!タコ少女』)するかたわら、“オネエタレント”の先駆けとしてブレークし、2001年頃はバラエティー番組に引っ張りだこだった山咲。今回番組で、最盛期の年間テレビ出演本数は255本、最高貯金額は6500万円だったと明かすも、現在はテレビ業界からも干され、漫画の連載もなく、昨年の民放キー局のテレビ番組出演は、わずか3本……。現在の貯金額も48万円とほぼ底を尽きかけていると打ち明ける。

そんな現在の状況を招いた原因を“自意識過剰なめんどくさい性格”にあると自己分析。アイドル歌手志望だった山崎がホラー漫画家としてデビューし、さらにバラエティー番組で活躍するようになった経緯をたどりながら、自意識過剰な性格ゆえに数多くの“NG条件”を突きつけてきた過去を告白。周囲から“めんどくさい奴”と思われ、テレビから消えてしまった過程を解説していき、最後は、仕事ゼロのどん底人生で改めて気づいた教訓を伝授する。

このほか、8月8日放送の3時間スペシャルでは、長江健次が“欽ちゃんにドンと突き放されちゃった先生”として、IMALUが“親の七光りを1年で使っちゃった先生”として登場する。

マツコ・デラックスも“知らない世界”をその道を愛してやまないスペシャリストが紹介していくバラエティ『マツコの知らない世界』(TBS系、毎週火曜20:57~)。3月9日は、「集めすぎちゃったSP」と題して、好きになったモノを集めるのは楽しいが、気付いたら集めすぎちゃったという専門家を集めて特集。アイス、カップラーメン、お菓子箱、昭和家電、古着きもの、ギターなど、マツコを圧倒する超物量の世界を一挙紹介する。

ページトップへ
Twitter Facebook