日本相撲界の未来を担う期待の星・御嶽海関が、7月8日放送の『スポーツクロス』(BS朝日、毎週金曜23:30~)に出演。司会の高柳愛実を軽々と“お姫様抱っこ”する一幕があることが、公式FBの写真から明らかとなった。

御嶽海関は、アマチュア相撲15冠という圧倒的な実績を引っさげ、去年デビューしたばかりの23歳。突き押しを武器に白星を重ね続け、初土俵からわずか4場所で新入幕を果たした。史上2位タイのスピード出世で、まげを結うことができず、ざんばら髪での新入幕も話題となり、注目の力士だ。

その後も勢いは止まらず、今年の5月場所では11勝4敗で初の三賞(敢闘賞)を受賞。長野県では平成初の幕内力士となり地元の人気も絶大で、幕内昇進時は号外が配られたほど。今回番組では、若貴以来の日本人横綱へと期待がかかる御嶽海関の半生、そして御嶽海関が所属する出羽海部屋に潜入し、知られざるその素顔にも迫る。 

また、番組公式FBでは、司会の高柳を軽々とお姫様抱っこしている写真が公開されているのに加え、高柳も「最初にご挨拶させていただいた時は、“今風”の力士さんという印象だったのですが(笑)、いろいろお話を伺っていくと、“自分がどうあるべきか”という考えを強く持ってらっしゃる“しっかりした方”だなと思いました」とコメントしていることから、普段見ることが出来ない御嶽海関の一面が披露されているに違いない。

ページトップへ
Twitter Facebook