みのもんたがメインキャスターを務める報道番組『みのもんたのよるバズ!』が、インターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」内の「AbemaNews(アベマニュース)チャンネル」にて、4月23日(土)の20時からスタート。同日、生放送を直前に控え、この日オープンしたEXけやき坂スタジオにて囲み会見が行われ、みのが、あの“Twitter炎上”の件について自身の考えを述べた。

「AbemaNews チャンネル」の土曜夜の看板番組となる同番組は、みのが、2年半ぶりにメインキャスターを務めることでも注目を集めており、これからの日本を担う若い世代の応援者として「世の中を!権力を!斬りまくってバズらせる」をテーマに番組を展開。番組には、AKB48グループを卒業して間もないタレント・女優の宮澤佐江、作家の鈴木涼美、弁護士の佐藤みのりをコメンテーターに加え、テレビ朝日アナウンサーの下平さやかが進行を務める。

スタジオでは、2年半ぶりとは思えない“みの節”全開の軽快なトークでリハーサルを行っていたが、本番を目前に、みのは「正直、Liveで、生で入ってくるニュースばかりなので、いい意味で緊張しています」と心境を明かしていた。

また、この番組のスタートに伴い、自身初となるTwitterを開始。みのは早速、「早く飲みたいね! 打ち上げまであと何時間?」と初ツイートを投稿。続けて、「俺なんかの役目はね、広めること。今回の震災もね、熊本だけじゃなくて九州全体だから。支援のやり方も甘い。自衛隊きちんとして欲しいね。あと、過去の震災、阪神淡路、もっと遡れば関東大震災の教訓活かせてないでしょ? みたいにTVではちょっと言いづらいことも、ここでは言いたいね」と投稿したが、これが炎上。これについて、みのは「Twitterはやったことなかったんですが、まだ文字を打つのも人指し指でトントンと……。喋るのはいくらでもできますが、みなさんはよく文字に、しかも限られた文字数でされていて尊敬します。僕は一発で言葉足らずの文字を出して、炎上も炎上。もう、丸焼けですよ」とコメントしていた。

しかし、炎上についてプラスに捉えているという、みの。その理由として「注目してくれているなという、自分の存在感」と感じたらしく、「今後、僕がどういう発言をするのか、いい発言に対してではなく、間違った発言に対しては、どんどんツイートしてもらいたい」と、自身の考えを述べていた。

さらに、芸能人のツイートがもとで炎上したというニュースは多数あるが、みのは「自分も芸能人なので味方するわけではないですが、可哀想なものもありますよね~。正直に発言しているんでしょうが、それを叩くだけじゃなくて、叩きのめすような風潮があるでしょ? それはどうかなって思っちゃいますね」と語っていた。

また、みのは、夜の報道番組でニュースキャスターを務めるのは今回が初。「いつも古舘伊知郎くんの番組(『報道ステーション』)を見ていたので、参考にしてマネしようかな」と述べていた。そして、インターネットならではの新たなニュースのスタイルを追求している「AbemaNews チャンネル」。この番組でも、ネットならではの切り込んだ企画が多く、みのは「“生”以上に“生”ですから、ネットの良さをニュースに活かすことにできたらいいなと思っています」と意気込みを見せていた。

【配信終了日:1月24日(木)】動画はこちらアルコ&ピース(平子祐希・酒井健太)がMCを務める「勇者ああああ ~ゲーム知識ゼロでもなんとなく見られるゲーム番組~」(毎週木曜深夜1時35分放送)。1月17日(木)放送では、「他では絶対見られないスマブラ最強王決定戦・完結編」をお送りしました。全ゲーマーが待ちに待っていたスマブラ新作の発売記念として開催された特別企画。前回、初代スマブラ名人・及川を倒した若手芸人のさくらす岡田が優勝!......したのですが、スマブラが発売した直後に全74キャ

ページトップへ
Twitter Facebook