みのもんたがメインキャスターを務める報道番組『みのもんたのよるバズ!』が、インターネットテレビ局「AbemaTV(アベマティーヴィー)」内の「AbemaNews(アベマニュース)チャンネル」にて、4月23日(土)の20時からスタート。同日、生放送を直前に控え、この日オープンしたEXけやき坂スタジオにて囲み会見が行われ、みのが、あの“Twitter炎上”の件について自身の考えを述べた。

「AbemaNews チャンネル」の土曜夜の看板番組となる同番組は、みのが、2年半ぶりにメインキャスターを務めることでも注目を集めており、これからの日本を担う若い世代の応援者として「世の中を!権力を!斬りまくってバズらせる」をテーマに番組を展開。番組には、AKB48グループを卒業して間もないタレント・女優の宮澤佐江、作家の鈴木涼美、弁護士の佐藤みのりをコメンテーターに加え、テレビ朝日アナウンサーの下平さやかが進行を務める。

スタジオでは、2年半ぶりとは思えない“みの節”全開の軽快なトークでリハーサルを行っていたが、本番を目前に、みのは「正直、Liveで、生で入ってくるニュースばかりなので、いい意味で緊張しています」と心境を明かしていた。

また、この番組のスタートに伴い、自身初となるTwitterを開始。みのは早速、「早く飲みたいね! 打ち上げまであと何時間?」と初ツイートを投稿。続けて、「俺なんかの役目はね、広めること。今回の震災もね、熊本だけじゃなくて九州全体だから。支援のやり方も甘い。自衛隊きちんとして欲しいね。あと、過去の震災、阪神淡路、もっと遡れば関東大震災の教訓活かせてないでしょ? みたいにTVではちょっと言いづらいことも、ここでは言いたいね」と投稿したが、これが炎上。これについて、みのは「Twitterはやったことなかったんですが、まだ文字を打つのも人指し指でトントンと……。喋るのはいくらでもできますが、みなさんはよく文字に、しかも限られた文字数でされていて尊敬します。僕は一発で言葉足らずの文字を出して、炎上も炎上。もう、丸焼けですよ」とコメントしていた。

しかし、炎上についてプラスに捉えているという、みの。その理由として「注目してくれているなという、自分の存在感」と感じたらしく、「今後、僕がどういう発言をするのか、いい発言に対してではなく、間違った発言に対しては、どんどんツイートしてもらいたい」と、自身の考えを述べていた。

さらに、芸能人のツイートがもとで炎上したというニュースは多数あるが、みのは「自分も芸能人なので味方するわけではないですが、可哀想なものもありますよね~。正直に発言しているんでしょうが、それを叩くだけじゃなくて、叩きのめすような風潮があるでしょ? それはどうかなって思っちゃいますね」と語っていた。

また、みのは、夜の報道番組でニュースキャスターを務めるのは今回が初。「いつも古舘伊知郎くんの番組(『報道ステーション』)を見ていたので、参考にしてマネしようかな」と述べていた。そして、インターネットならではの新たなニュースのスタイルを追求している「AbemaNews チャンネル」。この番組でも、ネットならではの切り込んだ企画が多く、みのは「“生”以上に“生”ですから、ネットの良さをニュースに活かすことにできたらいいなと思っています」と意気込みを見せていた。

HiHi Jetsと美 少年の冠番組『裸の少年』(テレビ朝日 ※一部地域を除く)の放送時間が、10月19日(土)より変更となる。これまで毎週土曜の10時30分から放送されていた同番組だが、毎週土曜の16時に移動し、番組内容もパワーアップ。この度、初回に出演のHiHi Jets(高橋優斗・井上瑞稀・猪狩蒼弥)と、第2回に出演の美 少年(岩崎大昇・浮所飛貴・那須雄登)からコメントが到着した。

ページトップへ
Twitter Facebook