}

スーパー戦隊シリーズ40作目となる新作『動物戦隊ジュウオウジャー』(テレビ朝日系列、毎週日曜 7:30~)が、2月14日からスタート。『百獣戦隊ガオレンジャー』(2001年にシリーズ第25作記念作として放映)以来、15年ぶりに“動物”をメインモチーフにした作品で、“ジュウオウジャー”と名乗る5人のヒーローが登場する。

ジュウオウイーグル/風切大和役を中尾暢樹、ジュウオウシャーク/セラ役を柳美稀、ジュウオウライオン/レオ役を南羽翔平、ジュウオウエレファント/タスク役を渡邉剣、ジュウオウタイガー/アム役を立石晴香がそれぞれ演じる。

この作品は、“本能覚醒”をキーワードに、“動物学者”である人間の大和と4人の“ジューマン”たちがヒーローとして活躍する。“ジューマン”とは動物の顔をもつ異世界・ジューランドの住人たちを指し、宇宙からの敵の攻撃を受けたことにより、故郷を追われ、大和とともに地球を守るヒーローとなる。この“ジューマン”は、ジューマン態(顔が動物)、人間態、ヒーローと3つの姿を持つが、これはスーパー戦隊史上初の設定。また、ベテランの寺島進は、大和の叔父で動物専門の彫刻家・森真理夫役で登場し、5人の成長を見守る。

放送に先駆け、メインキャスト5人にそれぞれにインタビューを実施。この模様は5日間連続で毎日アップしており、今回はその第3弾として、ジュウオウライオン・レオ役の南羽翔平さんが登場。5人の中で最年長となる25歳の南羽さんの特技は剣道、バク宙で、圧倒的な身体能力の高さを生かしたアクションに注目だ。

――出演がまず決まった時の心境は?

この「スーパー戦隊シリーズ」は、幼い頃からの憧れで、芸能の世界に入ったら、一度は出演してみたいと思っている目標の一つだったので、決まった時は、嬉しすぎて、夜眠れないという体験を今回初めてしました。マネージャーさんからも、会う度に「あれ、なんかげっそりしているけど、大丈夫?」って言われるぐらい影響が出てしまいました(笑)。

――ジュウオウライオン・レオはどんな役ですか?

すぐに行動に出ちゃうタイプです。考えるより先に行動に出てしまうというか、何か欲しいものがあったとすると、すぐ手が出ちゃうとか……。今回は、動物がモチーフになっている戦隊ものなんですが、そういった野性的な部分がすごくあるので、今回、意識するようにしています。

――今回、あえて準備したことって?

ライオン感を出すために、実際に動物園に行ってライオンを見たりとか、動画サイトでライオンの映像を見て研究したりしています。やはり、ジュウマンは、人間の体を持ち、顔は動物なので、実は獣感を出すために、お尻に尻尾がついているのですが、全体をひっくるめてライオンっぽさをだす努力というものは、まだまだ研究中を続けています。

――1年間、目標にしていることは?

今回、記念すべき40作目。このメンバーで僕たちにしか作れない作品ができたらなと思っています。そのため、どのような世界観を作っていければなど、チームで話し合いながら模索していきたいです。

――私、南羽翔平は見た「〇〇さんは〇〇だった!」

ホワイトタイガーのアムちゃん(立石晴香)が、結構おしとやかに見えて、実は“ガウ”っていう瞬間を見ました。ホワイトタイガーとライオン、同じネコ科として「おっ、動物っぽいな」っていう瞬間がありましたので面白いなって思いました。

――最後にメッセージを!

動物戦隊ジュウオウジャーは、動物がモチーフになっていますので、野生感だったり、動物らしさを存分に発揮していきたいと思っています。また、主人公の大和を、僕たち4人のジューマンが振り回したりするところも見どころの1つになっていますので、ぜひその点も、楽しみにしていただきたいと思っています。そして、エンディングにダンスがあるんですが、ぜひ覚えて、一緒に楽しんでもらえたらなと思います。どうぞ、よろしくお願いします。

要潤主演のオトナの土ドラ『悪魔の弁護人 御子柴礼司 〜贖罪の奏鳴曲〜』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~)が、1月25日放送の第8話でエンディングを迎える。このほどクランクアップした要、ベッキー、津田寛治が、ドラマへの思いを語った。

ページトップへ
Twitter Facebook