新日本プロレス所属の棚橋弘至選手と真壁刀義選手、そして芸人の小島よしおと人気子役・エヴァちゃんの4人が、2016年3月5日に公開される『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』のスペシャル応援団に就任し“ウンタカ!ドラドラ団”を結成。映画に登場する原始人“クラヤミ族”をイメージした衣装に身を包み、オリジナルソングに合わせ“ウンタカダンス”を歌い踊りながら映画を盛りあげる。

映画第1作目が公開された1980年から常に進化を続けている『映画ドラえもん』シリーズ。今年3月に“映画ドラえもんシリーズ”35周年記念作品として公開された『映画ドラえもんのび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)』は観客動員数350万人、興行収入39億を記録し、まさに“ファミリー映画の金字塔”として不動の地位を確立している。そして35周年という節目を終え、36作目として新たなステージへと進む作品が、2016年3月5日に公開される『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』だ。

前進となる1989年に公開された旧作『のび太の日本誕生』は、映画ドラえもんシリーズ歴代1位動員数420万人を誇る人気作。そんな大ヒット作品を新たに生まれ変わらせるのが、2014年に『新・のび太の大魔境』を手掛けた八鍬新之介(脚本・監督)だ。丁寧なキャラクター描写に定評のあり、今作でもその手腕に期待が高まる。

そして今回、この作品をさらに盛り上げるべく異色の4人がスペシャル応援団を結成。彼らが歌い踊る“ウンタカダンス”は、「ウンタカ」という謎の言葉を繰り返しながら踊るダンス。本作の舞台である7万年前の原始時代の世界をイメージして、棚橋選手、真壁選手、小島は原始人風の衣装、エヴァちゃんは原始人風ワンピースに身を包み、ユニークなダンスを繰り返す。このダンスは、アニメ『ドラえもん』(テレビ朝日系列、毎週金曜、19時~)のエンディングでも流れ、10月30日(金)より放送される予定だ。さらにメンバーの棚橋、真壁、小島は本作のゲスト声優を務めることも決定。3人は劇中に登場する原始人の“クラヤミ族”役を担当。棚橋は初声優挑戦となる。

今回の応援団&声優初挑戦を受け、棚橋選手は「プロレスラーがダンスだなんて、間違いなく足を引っ張るのは自分と真壁さんだと思いましたのでプレッシャーの中、頑張りました。自分の子供たちと一緒に『ドラえもん』を見ているのですが、見るたびに人と人との繋がりや温かい人間味が心にじーんときます。そんな『ドラえもん』に出演出来るなんて、棚橋家の歴史にも残ります」とコメント。真壁選手からは「覚えるのにとても苦労したこのダンスにあるクイックな動きはプロレスにも活かせると思いました。そしてゲスト声優で出演できると先程お聞きしまして本当に驚きました。自分が小さい頃からある人気アニメに出演だなんて、真壁家の歴史に残る光栄なことです」と、それぞれ喜びを語っている。

また、小島も「ダンスの曲中に自分のネタ“そんなの関係ねぇ!”が入っているんです。このネタはエヴァちゃんが生まれる前、8年前から存在しているので、それが今7歳のエヴァちゃんと一緒にMIXされるなんてとっても嬉しいです。ゲスト声優の件も含め、小島家一族に伝えたいです」と。エヴァちゃんも「覚えるのが大変だったので、頑張ってお家で練習してきました。ドラえもんはいつも優しいから大好きです。ドラえもんの道具“どこでもドア”でハワイに行きたいと思っています」とコメントしており、そんな4人が何度もリハーサルを重ねて仕上げたというキレのあるダンスは必見だ。

1968年に初めてパリへ旅立ってから51年。パリに住み、俳優として、演出家として、世界を舞台にして活動している笈田ヨシさん。これまでに芸術・文学の領域での創造、もしくはこれらのフランスや世界での普及に功績のあった人物に授

ページトップへ
Twitter Facebook