9月23日(水)の昼12時から番組史上最長の10時間スペシャルで放送される『ミュージックステーション ウルトラFES』(テレビ朝日系列)。この放送を前に、司会を務めるタモリの特別インタビューが行われ、これまでを振り返りつつ、10時間SPへの想いを語った。

――番組を引き受けた30年前の心境は覚えていますか?

よく覚えています。音楽が大好きでしたから、音楽番組の司会は願ってもないことで、ぜひやらせてもらいたいと。今から30年前というと、私の社会的な評価はえらい低かったですよ(笑)。よくもそんな時にわけのわからない私に番組を任せようと思ったものです。これはまさしくテレビ朝日の英断で、勝負だったのでしょうね。

――初めての登場回のことは覚えていますか?

全然覚えていないんですが、緊張はなかったですね。この番組は音楽をただ聴いていればいいという感じで、ほかの番組よりもずいぶんとリラックスしています。むしろ、歌う前のミュージシャンたちの方が緊張していて気の毒。ライブに比べ、テレビで歌うのはノリにくいと思います。通常1曲、メドレーなどで多くても3曲くらいで、ライブとは全然違いますからね。あの席に座っているとそうした緊張が伝わってきます。

――生放送にこだわる番組の意義はどう考えていますか?

視聴者にとって「今、この時間」に歌っているというのは、収録を聴くのとはずいぶん意識的に違うんじゃないでしょうか。私はかねがね、“音楽が創られる現場を、テレビを通じて目撃してもらいたい”という思いでいます。それには生じゃないと無理なんです。個人的にも生放送が大好き。時間通りに終わって予定が立てやすいですから(笑)。

――30年の間に記憶に残るエピソードは?

いろいろありますね。t.A.T.u.(タトゥー)の※出来事については、私は彼女たちを悪く思っているというのは一切ないんです。ああいうことになって、たまたまTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTがもう1曲演奏してくれたんですが、あれこそが生放送で、音楽が創られる場を目撃するということになると思う。だから、むしろありがたいと思っています。生放送はそういうハプニングがないとダメですよ。テレビ朝日の技術スタッフは慣れたもので完ぺきに仕事をこなすものだから、ときどき“ミュージックステーションの「収録」頑張ってください”なんてメールが来る。いまだに“生放送ですか?”という人もいるし。ハプニングがあると緊張感が生まれて、見る側も面白いと思いますので、歌詞もどんどん間違えていただきたい(笑)。先週も※※AKB48がついにやりましたけど、ああいうのがあると楽しくてしょうがないですね(笑)。

注:
※2003年6月27日、t.A.T.u.は番組冒頭には登場したものの、その後、楽屋から出てこず、本番中に出演をキャンセル。代わりに当日出演していたTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTが急きょ追加の1曲を演奏披露した。

※※2015年8月28日、AKB48の高橋みなみが歌の演出として披露されるはずのマジックで失敗し、ネットなどで話題に。翌週2015年9月4日の放送で同じマジックに再挑戦しリベンジした。

――史上初の「10時間スペシャル」で、楽しみしていることは?

よく聞かれるんですが、その前に、私いま70歳なんで、とにかく「やり通す!」ということしかないです。その辺を歩いている70歳を捕まえて10時間連続で何かをさせたら、これは社会問題ですよ(笑)。プロデューサーも“10時間やりますから”って言うけど、その前に“10時間やりますけど、どうなんでしょう?”ってお伺いがあってしかるべきでしょう(笑)。そっちがそういう態度なら、“やってやりましょう! 楽しみますよ!”という気持ちです。

――10時間スペシャルには「初音ミク」など様々なアーティストが出ますね。

音楽業界は低迷していると言われていますが、30年前には予想もできなかったアニソンの興隆などこれまでと違う動きも出ています。初音ミクの出演も象徴的ですよね。また、懐かしい人も出てくれそうですし、幅広い世代のみなさんに楽しんでいただければいいなと思います。

【配信終了:2021年6月17日(木)】動画はこちら売れっ子から懐かしのスターまで、芸能人が驚きの近況を報告する番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告」(毎週木曜深夜0時放送)。6月10日(木)の放送では、官能小説界のレジェンド作家・睦月影郎さんが、成り上がり伝説から小説執筆の裏側まで大暴露!現在65歳の睦月さんは23歳の時に官能小説家としてデビュー。美少女系、熟女系をはじめ、ジャンルに囚われない作風で人気を博し、600以上の作品を発表した官能小説界の文豪だ。レジェンド級の睦月さんのMA

ページトップへ
Twitter Facebook