空気階段鈴木もぐら水川かたまり)の地上波初冠番組『空気階段の空気観察』(テレビ朝日、毎週水曜26:16~)。12月1日の放送では、都内の激安物件をめぐった。

​​同番組は、テレビ朝日の新感覚エンタメゾーン「バラバラ大作戦」で放送中の空気階段の地上波初冠バラエティ。空気階段が世の中のさまざまな場所に足を運んで、その場所の“空気”を“観察”していく。今回は、同局で放送されている『渡辺篤史の建もの探訪​​』のリスペクト企画で、2人が生まれる前から活躍している家=レジェンドハウス(レジハウス)に向かうことになった。

1軒目は築49年・風呂無しトイレ共同・家賃25000円の「田原荘」。アパートの扉を開けると急勾配の階段。鍵は南京錠だった。4.5畳の部屋は床が張り替えられており、窓が2面。網戸はない。風情のある窓は、腰をかけて外を眺めることができたため、かたまりは「ここから(外に向けて)小泉今日子さんに手を振ってほしい」と願望を吐露した。

続いては築45年・家賃20000円の「真樹荘」。いろいろと見せてもらう中、庭に柚子、レモン、ラズベリーなどが実っており、住人におすそわけすることもあるとの話に。庭を見たもぐらが「ファンタジーの世界」とこぼすと、かたまりも「ジブリの世界」と同調した。

実際に住んでいる男性・ユウさんに住み心地を聞くことに。隣にある大家さん宅との交流もあり、家を行き来することもあるとユウさん。「引っ越せない。死ぬまでここにいたい」と言う彼に対し、もぐらも「私がいま、ひとり暮らしだったら、住んでいると思います」と太鼓判を押した。

次回は12月8日に放送。かたまりが将来住みたいというタワーマンションを見学する。

ページトップへ
Twitter Facebook