ハイスクールヒーローズ

美 少年ジャニーズJr.)が学園を守るヒーローに変身する『ザ・ハイスクール ヒーローズ』(テレビ朝日系、毎週土曜23:00~)の最終話が、9月18日に放送される。

テレビ朝日×ジェイ・ストーム×東映が初めてタッグを組み、“戦隊ヒーロー”と“学園ドラマ”の要素を融合した同作。ヒーローの存在を夢見ながら学園生活を送る主人公・真中大成(岩崎大昇)は、学園の平和を守るべく、「学園防衛部」を設立。部長を務めながら、ともにヒーローとなる残り4人の部員を勧誘するところから物語はスタートする。

前回放送された第7話では、顧問の天利清春(戸次重幸)の正体や大成の父・大志(関智一)との対峙について、ネット上では「まさかの展開過ぎる」「関さんと戸次さんの演技熱い」「悪役最高です」「超絶豪華な絵面だなあ」とのつぶやきがあった。

<最終話あらすじ>
アカレンジャーの制止の声も聞かず、黒十字魔人との戦いに向かったアカヒーロー(真中大成/岩崎)だったが、黒十字魔人の圧倒的な力の前に惨敗。父・大志(関)の形見であるスマホも壊され、すべての記憶を消されてしまう!

大成のもとへ駆けつけた滝川雄亮(那須雄登)、土門龍平(佐藤龍我)らは、大成の母・瑠璃子(中山美穂)から、「大成は『学園防衛部』のことも、ヒーローのことも、幼い頃に魔人に襲われたことも覚えていないの」と聞かされ、がく然。懸命にヒーローだったことを思い出させようとするが、「ヒーローなんて実在するわけねえし。高校生にもなって信じるとか痛いだろ」と鼻で笑われてしまう。“黄金魔人”=豪田景樹(佐藤新)を倒し、学園長・墨友団十郎(柳葉敏郎)が政治を支配してこの国の征服しようとしていることを知ったギンヒーロー(大浦飛馬/浮所飛貴)たちは、アカヒーローを欠いたまま、その計画を止めるべく動き始めなくてはならず……?

大成の記憶が戻る方法を模索していた雄亮は、大成が黒十字魔人との対決に向かう直前に、図書室で昭和50年の生徒名簿を調べていたことを知る。大成が見ていた名簿を確認した雄亮は、そこに「真中大志」の名とともに「天利清春(戸次)」の名前を発見。大志と天利が同級生だったと分かり、ついに黒十字魔人の正体を知ることとなる!

黒十字魔人と対峙した「ハイスクールヒーローズ」だったが、黒十字魔人の猛攻に耐えきれず、全員が重傷を負ってしまう……。絶体絶命かと思ったその時、「ハイスクールヒーローズ」の前に大成が現れる!

果たして大成はすべての記憶を取り戻すことができるのか? そして全ての陰謀を知った「ハイスクールヒーローズ」は真の黒幕にたどり着くが、五星学園に平和を取り戻すことはできるのか?

民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」で配信されている番組を、編集部が厳選しておすすめする「編集部が選ぶ!今週のおすすめコンテンツ」。今週は、フジテレビで放送中の令和版と、1991年に放送された平成版の『東京ラブストーリー』を紹介していく。

ページトップへ
Twitter Facebook