美 少年ジャニーズJr.)が学園を守るヒーローに変身する『ザ・ハイスクール ヒーローズ』(テレビ朝日系、毎週土曜23:30~)の第6話が9月4日に放送。ネット上では、新ヒーロー誕生の演出に感動の声が相次いだ(以下、ネタバレが含まれます)。

テレビ朝日×ジェイ・ストーム×東映が初めてタッグを組み、“戦隊ヒーロー”と“学園ドラマ”の要素を融合した同作。ヒーローの存在を夢見ながら学園生活を送る主人公・真中大成(岩崎大昇)は、学園の平和を守るべく、「学園防衛部」を設立。部長を務めながら、ともにヒーローとなる残り4人の部員を勧誘するところから物語はスタートする。

生徒会長の大浦飛馬(浮所飛貴)は黄金魔人に変身できなくなっていた。大成による「お前は自分のことを1番だと偉そうに言うが、お前の1番は嘘っぱちだった。お前のそれは学園長に担がれたものだ」との言葉に苦しむ。

大成たちは、飛馬が女性教師・灰谷十和子(小林涼子)と恋仲になり、ある事件をきっかけに、学園長の墨友団十郎(柳葉敏郎)に弱味を握られ​​たことを知る。手を差し伸べようとする大成だったが、飛馬からは「俺に救いはいらない」と一蹴された。そのとき、金井歩(片岡信和)​​の情報により、十和子が墨友の娘であることが発覚。彼女と知り合ったのも、学園長が生徒会長の飛馬を右腕にするための罠だったのだ。

情報をリークした金井が襲撃され、大成は怒り爆発。強制的に黄金魔人に変身させられた飛馬は、三日月魔人​​の力によって大成を襲おうとするが、自分自身と葛藤する。彼が攻撃できずにいる中、滝川雄亮(那須雄登)、土門龍平(佐藤龍我)、​​森村直哉(藤井直樹)、桜井一嘉(金指一世)が駆けつけ、大成を含む5人で「俺たちはお前を救う!」とヒーローに変身する。

「俺は1番じゃなかった。俺はウソの1番……」と苦しみはじめる飛馬。すると、黄金魔人から涙が……。大きな愛を受けていた母親からの「負けたら悲しいでしょ。でも、悲しみを知ると人は優しくなれるの」という言葉がフラッシュバックした後、メッキが剥がれ、ギンヒーローの姿に! 

ギンヒーローは「俺は、俺と母さんと仲間を守る!」と三日月魔人たちを攻撃。大成は、本当の自分でいることこそが1番だとし「1番が1人なんて誰が決めた」と、ギンヒーローに加勢する。

ネット上では、6人目のヒーロー爆誕に「黄金から銀になる演出たまらなく良い」「エモすぎる」「6人揃った!」との反応があった。

次回は9月11日放送。“黒十字魔人”がついに始動。魔人アプリによって生徒たちが次々に洗脳されていく。​​

ページトップへ
Twitter Facebook