斎藤工が主演を務める金曜ナイトドラマ『漂着者』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~※一部地域を除く)の2話が、7月30日に放送。斎藤演じるヘミングウェイが、新谷詠美(白石麻衣)を​​ハグしたシーンについて、ネット上で大きな反響があった(以下、ネタバレが含まれます)。

とある地方の海岸に全裸のイケメン男性が漂着したところから始まるこの物語。記憶がなく、自分が何者かもわからない謎の漂着者・ヘミングウェイ(斎藤)が、世間を騒がせている事件を解決に導く予言めいた力を発揮したことで、次第に人々から崇められる存在になっていく。

ヘミングウェイ(斎藤工)
ヘミングウェイ(斎藤工)

ヘミングウェイは、病院から飛び降りたものの、骨折程度で一命をとりとめた。詠美は、身元引受人だというローゼン岸本(野間口徹)と出会ったことがきっかけだと考える。

ローゼンの手によって、NPO法人「しあわせの鐘の家」の施設​​へと連れていかれたヘミングウェイ。女子高生3人組が施設を訪れ、彼を撮影し始めるが、途中まで描いた絵を黒く塗りつぶす。そして「何も見えないんだ」と涙した。

その頃、殺人事件が発生。またも女の子が殺されたのだ。詠美は、現場にいた刑事の柴田俊哉(生瀬勝久)と野間健太(戸塚純貴)​​にヘミングウェイが涙した動画を見せ、事件のことを知っていたのでは、と訴える。「もしかして本当に……(予知していた)?」。彼女はそう言うも、柴田はそれを信じなかった。

新谷詠美(白石麻衣)、柴田俊哉(生瀬勝久)、野間健太(戸塚純貴)
新谷詠美(白石麻衣)、柴田俊哉(生瀬勝久)、野間健太(戸塚純貴)

詠美も施設へ。ヘミングウェイによると、突然視界が覆われたように絵が描けなくなったらしい。涙した理由について、あらかじめ事件のことを知っていたからではないかと問うも「分からない。僕の体が勝手にそう反応したんだ」と返された。彼は、ほとんど記憶がない分、目の前で起きていることしか事実として認識できないという。

ヘミングウェイの言葉を聞いた詠美は「過去の記憶がないからこそ、事実を事実として受け入れられる。ちょっとうらやましい気がします」と本音を吐露。すると、ヘミングウェイがそっと後ろから抱きしめる。「どういうことですか?」「こうしないといけないと思って」。そんな会話をしていると、「217」の数字とともに、また彼が何か描き始めた。その秘密は、女の子の葬式で明らかとなる。

新谷詠美(白石麻衣)、ヘミングウェイ(斎藤工)
新谷詠美(白石麻衣)、ヘミングウェイ(斎藤工)

ネット上では、ヘミングウェイが詠美を抱きしめたことについて「こんなにも絵になるのか」「ほんとに羨ましい」「めっちゃ美しい」との反応があった。

次回は8月13日に放送。ある人物が遺体で見つかる。ヘミングウェイは予知していて……。

伊藤沙莉&江口のりこがW主演を務める実写ドラマ『モモウメ』(Huluで毎週金曜21:00~4エピソードずつ配信(全40エピソード)/日本テレビ系で毎週日曜14:00頃に厳選された1エピソードが放送(全10エピソード))。このほど、オズワルド(伊藤俊介、畠中悠)がドラマ脚本に初挑戦する。

ページトップへ
Twitter Facebook