AKB48グループのメンバー41名が各話で主演を務めるホラードラマ『AKBホラーナイト アドレナリンの夜』(テレビ朝日、2015年)が、民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」にて期間限定で配信されている。

現在TVerでは「TVerフェス!SUMMER2021」と題し、懐かしの「名作夏ドラマ」や、伝説の「激アツバラエティ」、ステイホームの夏休みにおすすめの「アニメ・キッズコンテンツ」が無料配信されている。

『AKBホラーナイト アドレナリンの夜』で描かれるのは、AKB48グループのプロデューサーでもある秋元康の同名短編小説を原作としたオムニバスストーリー。地上波放送版とネットオリジナル版が合計で42話あり、各話ごとにAKB48グループのメンバーが主人公を演じている。

第31話「もう一人の面会人」では、当時のAKB48シングル選抜総選挙で1位に輝いた指原莉乃が刑事のさやか役で主演。拘置所にやってきたさやかは、2年前に連続通り魔殺人事件を起こした死刑囚のナミ(江口のりこ)と面会する。目的は、現在発生しているナミの手口を模倣した連続殺人事件の解決の糸口をつかむこと。しかし、ナミは犯人について語ろうとはせず、自身の無罪を主張する。さらに、ナミはもう一人の面会人の存在を示唆。ナミの言動に振り回されるさやかは、拘置所からの帰りにナミが口にしていた面会人らしき人物と遭遇する。

「もう一人の面会人」はミステリー要素を含んだ一遍で、今では貴重な指原の演技はもちろん、江口との共演も注目のポイント。拘置所の面会室で火花を散らす二人のやり取りが大きな見どころとなっている。

この他TVerでは、宮脇咲良主演の第5話「ドッペルゲンガー」、渡辺美優紀主演の第9話「生中継」、入山杏奈主演の第11話「FAX」、柏木由紀主演の第13話「ドンドン」、白間美瑠主演の第15話「穴」、向井地美音主演の第21話「おねえちゃん」、高橋みなみ主演の第25話「8」、松井珠理奈主演の第33話「トンネル」、峯岸みなみ主演の第35話「クレーム」が配信されている。

間宮祥太朗と上白石萌歌が共演するスペシャルドラマ『バンクオーバー!~史上最弱の強盗~』(日本テレビ系)の前編が9月19日に放送。ネット上では、笑いあり、伏線ありの物語に賞賛のコメントが多くあった(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook