昨今よく目にする“コンプライアンス”という言葉。「法令遵守」という意味ですが、意味合いに幅があり、テレビにおいては「道徳的に守らなければいけないルール」として使われていることも多い。 世の中も企業もテレビ業界もコンプライアンスを重視していますが、それによってときどきこんな声を耳にします。 「コンプライアンスのせいでテレビはつまらなくなった」 そもそもテレビの影響力や公共性を考えたら、コンプライアンスを重視するのは多くの人たちがテレビを楽しむために当然のことでしょう。ところがその...

民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」では現在、「~秋の夜長に~過去人気番組特集」と題して、過去に放送されたドラマ・バラエティの人気番組を期間限定で配信中。宮藤官九郎が脚本を担当し、神木隆之介が主演を務めたドラマ『11人もいる!』(テレビ朝日系、2011年)が配信されている。

ページトップへ
Twitter Facebook