面白い本に出合うと幸せな気持ちになるものです。それは、映画でもテレビドラマでも同じです。そして、「面白い」ということを無性に誰かに伝えたくなるのです。  今村夏子さんの第161回芥川賞受賞作「むらさきのスカートの女」。本当に最高でした。近所に住む「むらさきのスカートの女」と呼ばれる女性のことが、気になって仕方のない<わたし>。その目的は彼女と「ともだち」になることです。日々の生活を微細に観察することに生きがいを見出す<わたし>は、自分と同じ職場で「むらさきのスカートの...

ヒット商品を連発する「無印良品」。その理由の一つに、“誰が行っても「これ欲しかった」「ちょどいいな」と思う商品が置いてある”という点があります。そこには「無印良品ならではの商品開発」の戦略がありました。 戦略① 「バージョン違い」を取りそろえる 無印良品の看板商品

ページトップへ
Twitter Facebook