鉛筆を作るときに発生する大量の木の削りカス。そのままではゴミになってしまうものですが、ある老舗鉛筆メーカーは年間1,000万円を売り上げるヒット商品を生み出しました。一体どんな商品なのでしょうか。 鉛筆作りでは4割もの木材が廃棄に 小規模な老舗工場として鉛筆を作り続けていた北星鉛筆。

ページトップへ
Twitter Facebook