「テレビを書くやつら」のインタビュー、テレビのスキマこと戸部田誠さんの後編をお届けする。前編では戸部田氏の2つの著作から、90年代のテレビ史と、フジテレビと日本テレビの違いについてお話を聞いた。後編では、戸部田氏の溢れるテレビ愛をさらに掘り下げながら、これからのテレビの姿についても聞いていく。テレビを愛するからこそ考える、テレビに変わってほしいこと、そして変わる必要のないことを語ってくれた。本当につくづく、テレビが好きな人なのだと再認識できた。

現在、どれだけのアイドルが日本に存在するのかを断定するのは難しいが、“売れているアイドル“と定義できる存在となると、その数はぐっと減る。 例えば、武道館での単独コンサート開催を目標とするアイドルは少なくないが、実際にその

ページトップへ
Twitter Facebook