3月14日放送の「秘密のケンミンSHOW」は「コネてコネて激ウマ!小麦粉祭りBEST10!」と題して、全国各地で親しまれてきた小麦粉料理を紹介。ランク付けして発表した。出てきたのは山形県のどんどん焼き、栃木県の耳うどん、富山県の昆布入りお好み焼きなど「お、おう」と言ってしまう変わった小地味な料理ばかり。なんてうまそうなんだ!と小躍りするようなメニューは出てこないではないか。あまつさえ第1位として登場したのは「すいとん」。群馬・栃木・茨城の北関東3県で親しまれる小麦粉料理として紹介された。すいとんって、戦後の貧しい時代に食べたもんじゃと爺様が言ってた、薄い汁に餃子の皮だけみたいのが浮いてるやつでしょ?なぜそれが第1位なの?

ページトップへ
Twitter Facebook