1月29日の夜7時のNHKニュースで、景気回復が、「6年2か月」となり、これまでの戦後最長記録である2002年2月から2008年2月まで「6年1か月」続いた「いざなみ景気」を抜いて、

夏になると増えてくるのが、お化け屋敷イベントやホラー作品だ。こうした"恐怖"をテーマにしたコンテンツを専門に手がけているのが「株式会社 闇」。WebやVRなどの技術を活かし、誰もが楽しめるエンターテインメント性の高いホラー体験を提供している。しかし、こうしたホラーコンテンツは、熱狂的なファンがいる一方で、苦手な人も多い気が......。そこで今回は「株式会社 闇」の代表取締役・頓花聖太郎(とんかせいたろう)さんに、苦手な人でもホラーを楽しむ方法について伺ってきた。お化け屋敷では積極的に叫ぶべし!

ページトップへ
Twitter Facebook