6月17日に放送された、クロちゃん安田大サーカス)の冠番組『レンタルクロちゃん』(RCCテレビ、毎週木曜24:55〜 ※広島ローカル)で、クロちゃんが宮島の街中で女子学生の集団に大モテし、「やっぱ広島の人だからね、俺は」とドヤ顔を見せる一幕があった。

同番組は、広島出身のモンスター芸人・クロちゃんが好感度をあげる旅で繰り広げるヒューマンバラエティ。今回は「もみじ饅頭プロデュースで宮島をPRするしん」と題し、もみじ饅頭の老舗「やまだ屋」をPRすることに。

番組とのコラボで、“もみじ饅頭詰め合わせ”を製作中の「やまだ屋」。同社の社長が「クロちゃんと仲間たち」とネーミング案を出すが、速攻でクロちゃんに却下される。その後、クロちゃんが挙げた「もみじ大サーカス」という案に社長とスタッフは「おぉ〜」と感嘆の声を上げるが、団長からスタンドプレイに文句を言われることを恐れたクロちゃんは、自らこの案をボツにしてしまう。

考えた末、クロちゃんは「もみじ大作戦」というネーミングを提案、さらに「戦」を「選」に替えた「もみじ大作選」とすることをプレゼン。「ミッション的な“作戦”を入れながらも、きちんと“選んだ”という意味で……」とコンセプトを説明し、社長からOKをもらう。続いてクロちゃんはスケッチブックに筆を走らせ、あいあい傘をモチーフにしたパッケージデザインを考案。こちらも社長からOKをもらい、正式に採用されることとなった。

その後、クロちゃんたちは宮島の表参道商店街を移動。あちこちから「クロちゃん!」と声がかかり、そのたびクロちゃんは笑顔で手を振る。さらに、修学旅行で訪れていた女子学生の大群からは「キャ〜!」と黄色い声援を浴び、クロちゃんも「楽しんでね! クロちゃんでした! ワワワワ〜」と愛想よくサービス。「仕込んだ?」というスタッフに「仕込んでないですよ!」とツッコミつつ、「やっぱ広島の人だからね、俺は」とドヤ顔を見せていた。

なお、このコラボ商品は民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」での番組配信と同時に、RCC WEB shopで限定発売。「売れ残ったら、買い取りになります」とスタッフから言われ、あせるクロちゃんだったが、発売日当日に見事完売となった。

ページトップへ
Twitter Facebook