6月26日(土)に開催される、史上初の対戦となる日本ラグビー世紀の一戦『リポビタンD TOUR 日本代表 VS ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ』のドリームマッチが、Huluでライブ配信される。

ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズは、イングランド、スコットランド、ウェールズ、アイルランドの各代表チームから選抜選手を集め、4年に1度編成されるヨーロッパ伝統のオールスター軍団。南半球の強豪3か国、ニュージーランド、南アフリカ、オーストラリアを4年ごとに順次遠征をする特別なチームで、2021年は南アフリカの遠征が予定されている。この『ライオンズツアー』は、ラグビーワールドカップに次ぐ世界的ビッグイベントとして人気を集めている大会。

日本代表は、ラグビーワールドカップ2019以来、およそ1年8か月ぶりの国際試合で、ラグビーワールドカップ2023に向けた新生日本代表にとっての船出となる試合だ。リーチ・マイケル稲垣啓太田村優姫野和樹松島幸太朗ら2019年大会で活躍したメンバーに齋藤直人、シオサイア・フィフィタら、次世代スター候補が加わり、ヨーロッパ最強とも言われるドリームチームに挑む。

ジェイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチは「選手たちにとって一生に一度の機会となります。19年大会以降初めての試合ですから特別な体験になるでしょう。23年大会に向けた道のりはここから始まります。記念すべき試合になるでしょう」と話している。

一方のブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズは、ウェールズ代表148キャップを誇るレジェンド、アラン=ウィン・ジョーンズがキャプテンを務め、イングランド代表をW杯準優勝に導いた“ヨーロッパ最高の司令塔”オーウェン・ファレルや、スコットランド代表のフルバック、スチュアート・ホッグなど錚々たる顔ぶれが揃う。

さらにウェールズの若きスピードスター、20歳のルイス・リース=ザミット、今年のシックス・ネーションズ(欧州6か国対抗戦)で大会最優秀選手賞に輝いたスコットランド代表ハミッシュ・ワトソンといったラグビーワールドカップ2023年の主役候補たちにも注目だ。

<概要>
試合日程:6月26日(土)日本時間 夜23時キックオフ ※現地時間15時
会場:マレーフィールドスタジアム(スコットランド・エディンバラ)
配信スケジュール:6月26日(土)夜23時〜 ライブ配信 
※配信時間は変更になる可能性あり。
(地上波テレビ:日テレ系23:00~放送)

東京2020オリンピックは、大会5日目。この日のみどころは、悲願の金メダル獲得へ向け、侍ジャパンが始動。勝って勢いをつけたい初戦は、福島あづま球場で世界ランキング7位のドミニカ共和国と対戦。有利な状況でノックアウトステージを迎えるには、グループリーグでの2戦2勝が必須となるが、2019年WBSCプレミアを制覇した稲葉篤紀監督が、初戦でどのような采配を見せるかに注目したい。

ページトップへ
Twitter Facebook