桐山漣が主演、小西桜子がヒロインを務めるドラマ特区『ラブファントム』(MBS/TBS系、毎週木曜24:59~ ※一部地域を除く)が、5月13日にスタート。第1話では、小西演じる平沢百々子を惑わすエリートホテルマン・長谷慧を演じる桐山に「スパダリ役ハマってる」「色気がダダ漏れ」との声が上がった(以下、ネタバレが含まれます)。

6月18日(金)深夜0時12分からは、ドラマ24「生きるとか死ぬとか父親とか」第11話を放送! 原作は、ラジオパーソナリティー・コラムニスト・作詞家と多彩な顔をもち、女性からの圧倒的な支持を集める"独身のカリスマ"ことジェーン・スーが、自身の家族の出来事と思い出を描いたリアルストーリー。主人公のモデルはジェーン・スー自身であり、そんな主人公を吉田羊が演じている。主人公・蒲原トキコ(吉田)は20年前に母を亡くし、今では父の蒲原哲也(國村隼)がたった一人の肉親。愛嬌はあるが破天荒な70代の父、独身で

ページトップへ
Twitter Facebook