浅川梨奈飯島寛騎がW主演を務める『悪魔とラブソング』(全8話)が、6月19日(土)からHuluで全話一挙独占配信。そしてこのほど、メインビジュアルと第1話のPR映像が解禁となった。

女子のバイブル的存在として人気を誇る集英社の少女マンガ誌「マーガレット」とHuluがタッグを組み、不朽のマーガレット作品を継続的に連続ドラマ化&Huluにて独占配信される珠玉の恋愛ドラマシリーズ「マーガレット Love Stories」。『悪魔とラブソング』は、配信中のドラマ『マイルノビッチ』に続く第2弾となる。原作は、「マーガレット」にて2007年~2011年に掲載された少女コミック「悪魔とラブソング」(桃森ミヨシ・著/集英社マーガレットコミックス刊)。美しい歌声と美貌を持ちながらも、言葉を飾らず常に本音を話してしまうがゆえに、周囲から孤立し、「悪魔」と呼ばれている主人公・可愛マリア(浅川)が、転校を機に目黒伸(飯島)らと出会い、自分にも友達にも本気で向き合うことを避けてきた同級生たちの偽だらけの日常をぶち壊す、音楽青春群像劇。

公開されたメインビジュアルは、豪華なシャンデリアに照らされたグランドピアノと、その周りを囲むように、W主演を務める浅川・飯島をはじめ、奥野壮小野花梨山之内すず吉田志織ら主要キャストが集結。本作で周りから「悪魔」と呼ばれる主人公・マリアを演じた浅川は、全身黒のコーディネートで役柄を表現。本作で重要なアイテムとなるロザリオも胸元に光る。

マリアが転校してきてから、無関心を装いつつマリアを放っておけない巻き込まれ男子の伸を演じる飯島は、本編さながらに不愛想な表情ながらも、優しい眼差しでマリアに寄り添う。「大好きだから、傷つける 歌だけが僕らをつなげる」というキャッチコピーが輝き、不器用にしか自分を表現できなかった登場人物たちが、音楽を通して、どんな絆をつないでいくのか、期待が高まるビジュアルになっている。 

さらには、第1話の見どころシーンを詰め込んだPR映像も解禁。冒頭から、浅川と飯島の印象的な眼差しに引き込まれる。ビジュアルとは一変し、伸の「平和だと思っていた俺たちの毎日が、この“悪魔”のような女に、ぶち壊されるとは――」という意味深なモノローグから始まり、マリアが転校してきたことで、生徒たちの日常が一変し始める様を描いている。溢れ出る涙とともに感情を吐き出す、奥野、小野、山之内の表情も映し出され、彼らがマリアと出会い、どのように閉じ込められた心を搔き乱されていくのか――、本編の配信が待ちきれない映像に仕上がっている。

そして、全編にわたり、登場人物たちを優しく包み込むかのように流れる「アメイジング・グレイス」の歌声は、実は、浅川本人のもの。撮影の2か月前からvoiceトレーニングを重ね、「歌への恐怖心が払拭でき、少し自信がついた」と浅川が語るのも納得の、美しい歌声を披露。映像を一層盛り上げる。本編でもその歌声が印象的に描かれ、マリアと彼女が出会う登場人物たちとをつなぐ、重要な見どころとなっている。

<あらすじ>                        
県でトップクラスのカトリック系高校・カトリア女子学院をとある事情で退学になった美少女・可愛マリア(浅川)。彼女は共学校十塚南高校に転校するが、まっすぐすぎる性格がゆえ、思ったままを言葉にし、周囲の反感をかい孤立してしまう。

誰にも理解されない中で、唯一歌うことだけで自分を元気づけたり感情を表したりしてきた。しかし、クラスメイトの目黒伸(飯島)や神田優介(奥野)たちと関わるうち、少しずつ周囲との関係やマリア自身にも変化が訪れ……。

さらには、マリアの“悪魔のような”核心をついた言動が、平和に見えた同級生たちの日常を揺さぶり始める。

目黒が抱えるピアノに対するコンプレックス、それぞれの嘘、トラウマ、虚勢、うわべだけの友情……素直に生きられないクラスメートたちの赤裸々な感情が見え始める。そんな中、クラスで合唱コンクールへの参加の話が持ち上がる。

動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」で配信中のオリジナルドラマ第2弾『僕らが殺した、最愛のキミ』。 人には言えない「秘密」をもつ小学生時代のクラスメート7人が、同窓会の招集を受け10年ぶりに再会するも、何者

ページトップへ
Twitter Facebook