これはドラマ……? それともドキュメンタリー……!? キャストが全員「実名」で出演し、なんとも不思議な感覚&クセになるゆるさで、視聴者を瞬く間にとりこにした異色ドラマ『住住』第3弾(全10話/毎週日曜に新エピソード追加)が、4月25日(日)からHuluで配信スタートする。

バカリズムが原案・脚本を務め、2017年にスタートした『住住』第1弾(1月期に日本テレビ にて放送/オンライン動画配信サービスHuluで先行配信)には、バカリズムと二階堂ふみ若林正恭オードリー)が実名で出演し、マンションの一室でドキュメンタリーのような、フィクションのような日常的ドラマが展開。同じマンションに住んでいる設定の3人が、互いの部屋を行き来しながら、夜な夜な会話をする“だけ”の、妙にリアルでシュールな世界観はじわじわと視聴者の心を侵食し、話題を呼んだ。

それから3年後の2020年4月には、舞台を「バカリズムの作業場」に移し、待望の第2弾がHuluで独占配信。既婚者になったバカリズムと若林に、日村勇紀バナナマン)と水川あさみも加わった。

そんな『住住』が2021年春、早くも再復活! 絶妙なグダグダ加減が笑えるおなじみのまったり世界観はそのまま残しつつ、シリーズ史上最強というべき第3弾が放たれる。その理由は、なんと歴代キャスト=バカリズム、二階堂、日村、若林、水川が満を持して全員集合! バカリズムの作業場を舞台に、特に何も起こらないけど妙にジワる会話劇を繰り広げていく。

作業場でバカリズムがデスクに向かっていると、日村や若林、水川がふら~っと訪れ、執筆の邪魔をする――そんなすっかり見慣れた日常が紡がれる中、今回はかつて同じマンションの仲間だった二階堂も久しぶりに登場。男女の垣根を超えた仲良し芸能人の特に何も起こらない集まりが、夜な夜な珍騒動を生み出し……!?

さらに『住住』新シリーズの配信を記念し、日本テレビでは4月4日(日)から毎週日曜の昼に「日曜バカリズム祭り」と題し、バカリズム脚本&出演作品の傑作選を放送。過去の『住住』シリーズはもちろん、2020年には劇場版にもなった連続ドラマ『架空OL日記』(2017年)も、まとめて放送される。

<バカリズム コメント>
今回の第3弾の話を聞いたときは、ずっと定期的にやっていきたい作品ですし、いつでも始められるように(前回の最後も)最終話っぽい書き方をしていないので、ぜひ、やりましょう! という感じでした。『住住』は”実名で出演する”というドラマですが、既にご一緒している二階堂さんと水川さんなので、脚本も安心して書くことができました。また今回は二階堂さん、水川さんの女性2人と、僕の3人でのお芝居が結構多くとても新鮮でした。今までになかった会話の進み方とか新しい役割分担になっているので、不思議な関係性になっているのもみどころだと思います。

<二階堂ふみ コメント>
前回呼ばれなかったので、「升野さん(バカリズムの本名=升野英知)に飽きられちゃったかな……」って寂しい気持ちがあったのですが(笑)。今回はお声がけいただいたので、しっかりお務めを果たそうと思いました(笑)。また、水川さんとはプライベートでお会いすることはあってもお仕事でご一緒することはあまりなかったので、今回ご一緒できてとても嬉しかったです。台本を読んだときに升野さんにお見せしたことのない、水川さんとの普段のやりとりが反映されていて驚きました。その日常に近いやりとりにもぜひ注目してください。

<水川あさみ コメント>
続編、待ってました! でもまた呼んでもらえるかどうか不安だったので、今回もお声がけいただいて安心しました(笑)。『住住』はノンフィクションだけどフィクションの狭間のような感じがやっぱり面白いですね。演じていて、私らしい部分もあればそうじゃない部分もあるので、それをドラマの中でどれだけ日常っぽくできるか、そこが『住住』の醍醐味かなと思います。そして、今回は第1弾に出演していた二階堂さんも帰ってきて、歴代メンバーの全員が集まったので、とても嬉しかったです!

<プロデューサー・小田玲奈 コメント>
またまた帰ってきました、『住住』です。しかも、二階堂さんも戻ってきて歴代メンバー全員集合……なんと豪華! 前回の撮影から今回までの間、水川さんと二階堂さんはこの番組とはまったく関係のないところで知り合って、ウチに遊びに行ったりする仲になっているなんて噂を聞き……!「だったらその感じ、『住住』でやっちゃいましょう」と奇跡の大集合となりました。そんなわけで、ますますリアルな日常ドラマ『住住』、どうぞお楽しみください。

ページトップへ
Twitter Facebook