浅川梨奈、飯島寛騎

浅川梨奈飯島寛騎がW主演を務める『悪魔とラブソング』(全8話)が、6月よりHuluで独占配信される。

女子のバイブル的存在として人気を誇る集英社の少女マンガ誌「マーガレット」とHuluがタッグを組み、不朽のマーガレット作品を継続的に連続ドラマ化&Huluにて独占配信される珠玉の恋愛ドラマシリーズ「マーガレット Love Stories」。『悪魔とラブソング』は、配信中のドラマ『マイルノビッチ』に続く第2弾となる。原作は、「マーガレット」にて2007年~2011年に掲載された少女コミック「悪魔とラブソング」(桃森ミヨシ・著/集英社マーガレットコミックス刊)。美しい歌声と美貌を持ちながらも、言葉を飾らず、常に本音を話してしまうがゆえに、周囲から孤立し、「悪魔」と呼ばれている主人公・マリアが、転校を機に理解者を見つけ、自分を偽り他人に合わせて生きてきた同級生たちを変え、彼らと絆を作っていく姿が人気を博し、今なお根強い人気を誇っている。

「悪魔みたいな人」と周りから敵視される主人公の可愛マリア(かわい・まりあ)を演じるのは、浅川。映画『14の夜』で長編映画デビュー。2019年に大ヒットを記録した『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』で演じた“藤原書記”役が、「原作から抜け出したみたい」とTwitterでトレンド入りするほど高い演技力と存在感を放ち、昨年のドラマ出演作は9本。今年も『胸が鳴るのは君のせい』の公開が控えるなど、女優として活躍の場を着実に広げている彼女が、誰にもこびず、凛とした強さがある一方、深く人と関わりたいと願う主人公の姿を、力強くも繊細に表現する。

そんなマリアと出会い、過去のトラウマと向き合い始める目黒伸(めぐろ・しん)役には、浅川とW主演を務める飯島。若手俳優の登竜門とも言われ、過去には佐藤健や菅田将暉らを輩出した『仮面ライダー』シリーズ『仮面ライダーエグゼイド』でドラマ初主演を務め、近年は映画『PRINCE OF LEGEND』『愛唄 -約束のナクヒト-』『ブレイブ -群青戦記-』などの話題作に次々と出演。人気と実力を確かなものにし、次世代を担う俳優の一人として頭角を現している。本作では、ピアノにコンプレックスを抱える目黒が、葛藤しながらもマリアによって変わっていく様を丁寧に演じる。

さらに、本作の大きな見どころは、浅川と飯島それぞれが、撮影の2か月前から本格的に取り組んだ歌とピアノ演奏。ドラマの中でも印象的に描かれ、心震わせるシーンになっている。マリアを取り巻く恋愛模様も繊細に描かれ、原作の世界観を大切に、実写だからこその色彩と美しい音楽が映し出される。本気で自分にも友達にも向き合うことができず、偽りの日常を過ごしていたクラスメイトたち。マリアが転校してきたことによって、平和に見えていた日々が少しずつ壊されていく。トラウマ、コンプレックス、虚勢、嘘……すべてが露わになった時に、見える世界とは? 登場人物それぞれが不器用な愛を抱く、異色の青春群像劇に注目だ。

<浅川梨奈 コメント>

浅川梨奈
浅川梨奈

今回のお話をいただいた時に連続ドラマの主演は初めてなのですごく光栄に思ったのと同時に、3作品連続実写化企画の2作目ということも聞いていたので、プレッシャーもありました。
原作を読ませていただき、「アヴェ・マリア」や「アメイジング・グレイス」というような歌やピアノなど、音楽がキーになって進んでいくストーリーが、自分の中ではとても新しく感じたのと同時に、「歌、がんばらなきゃ」と……。また、私が演じる可愛マリアは、あまり笑わないキャラクターでもあるので、どういうふうに感情を表現していくかなど、考えることがたくさんありました。

撮影が始まる2か月前からvoiceトレーニングを受けさせていただいたのですが、その中で、最初自信がなかった歌に対して少し自信がつき、もともと持っていた歌うことへの恐怖心みたいなものが払拭できたので、自分自身もひとつ成長できた気がしています。また、原作を読んでいる方々がイメージしているマリアの声やマリア像ってそれぞれ違うと思うので、マリアの表情や心情の変化、ニュアンスなど、脚本と原作を読み合わせながら、私なりのマリア像を作らせていただきました。

撮影はムードメーカーの監督と助監督がいるおかげで、現場の居心地がとても良く、楽しむところは楽しむ、やるところはしっかりやる、というメリハリあるチームになっていると思います。

『悪魔とラブソング』という原作を実写化する意味もしっかり考えて、精一杯演じさせていただきます。

<飯島寛騎 コメント>

飯島寛騎
飯島寛騎

この度、出演の話を頂いたとき、これまで学園もので普通の高校生役をしっかりとやったことがなかったので、新しいものに挑戦するという意味でも、クランクイン前からわくわくしていました。

今回、ピアノを弾く役どころということで、2か月くらい前からピアノの練習など準備をさせてもらっていたので、撮影に入るのが一層楽しみでした。

脚本を先に読ませていただき、その後、参考にできればと原作を読みました。脚本家さんが監督と話し合われて書かれたもの、原作者さんの思い、両方を尊重し大切に、自分が感じたことを演じていけたらなと思っています。

僕が演じる目黒伸は、間違えばすごく冷たいキャラクターに見えてしまう。無口ですが、高校生らしい、17歳らしい一面もちゃんと持っているので、そういうところも出すように心がけていきたいし、神田とのキャラクターの対比も大切にしたいと思っています。

目黒は、少しトゲトゲしているけど、凄く素直な子です。ただ、言いたいことが言えないときも多くて……。そういうとき、僕自身は「言えばいいのにな」って思ってしまうのですが、実際自分たちが学生の時って言えていたかな、意外と言えてなかったんじゃないかなと思って、自分の学生時代の経験も活かしつつ、周りのキャストの方々が生み出してくれるものを吸収しながら、目黒のキャラクターを作っていっています。ピアノも、吹替ではなく、実際に弾けるように練習しました。

撮影現場は、明るくて、すごくパワーがあるなと感じています。これからも、キャスト・スタッフ一同素晴らしい作品にできるように頑張ります。

<桃森ミヨシ(原作者)コメント>
すでに一度撮影現場を拝見させていただいてます。

コロナ禍での撮影はとても気をつかわれていて大変な中、お一人お一人の演技に熱があって、監督の目線も優しくかつ拘りがあり、とても感動しました! 原作は10年以上も前のものなのですが、今の時代に合わせて改変してくださってそれも良かったと思います。キャラのイメージぴったり、いえ、それ以上に魅力的な役者さんたちの演技をぜひご覧ください!

<あらすじ>
県でトップクラスのカトリック系高校・カトリア女子学院をとある事情で退学になった美少女・可愛マリア(浅川)。彼女は共学校十塚南高校に転校するが、まっすぐ過ぎる性格がゆえ、思ったままを言葉にし、周囲の反感をかい孤立してしまう。

誰にも理解されない中で、唯一歌うことだけで自分を元気づけたり感情を表したりしてきた。しかし、クラスメイトの目黒伸(飯島)や神田優介たちと関わるうち、少しずつ周囲との関係やマリア自身にも変化が訪れ……。

さらには、マリアの“悪魔のような”核心をついた言動が、平和に見えた同級生たちの日常を揺さぶり始める。目黒が抱えるピアノに対するコンプレックス、それぞれの嘘、トラウマ、虚勢、うわべだけの友情……素直に生きられないクラスメイトたちの赤裸々な感情が見え始める。

そんな中、クラスで合唱コンクールへの参加の話が持ち上がる。

「すべてにおいて、櫻井海音くんが美しすぎる。色気が半端ない」「毎回心拍数が高くなる!」とSNSで話題沸騰! ドラマParavi「つまり好きって言いたいんだけど、」(毎週水曜深夜0時30分)。 原作は『恋はつづくよどこまでも』『はぴまり~Happy Marriage!?~』などを大ヒットさせた円城寺マキによる同名作。売上部数60万部を突破!マネージャー×俳優の2人が、同じ目標に向かって奮闘する中で芽生える恋心...好きになっちゃいけないのに...そんな葛藤や、素直に表現できないもどかしさが溢れる"

ページトップへ
Twitter Facebook