未来(阿久津仁愛)、まいる(桜井日奈子)

桜井日奈子神尾楓珠がW主演を務める『マイルノビッチ』(全8話)の第5話が、3月12日(金)0時より配信開始。主題歌を担当するヤバイTシャツ屋さん(以降、ヤバT/メンバー:こやまたくやしばたありぼぼもりもりもと)が、ドラマ本編にも出演する。

大人気少女マンガ誌「マーガレット」(集英社)とHuluがタッグを組み、不朽のマーガレット作品を継続的に連続ドラマ化&Huluにて独占配信される珠玉の恋愛ドラマ・シリーズ「マーガレットLove Stories」の第1弾、累計発行部数が345万部超えを記録している佐藤ざくり著の「マイルノビッチ」。地味でモテない女子高校生・木下まいる(桜井)が、メイク術を持つイケメン・熊田天佑(神尾)のプロデュースで変身し、“本当の愛”を見つけるまでを描く恋愛下克上♡ラブコメディとなっている。

第5話では、まいる、綾乃(大友花恋)、未来(阿久津仁愛)が通う高校で学園祭が行われる。天佑やふわり(三浦涼介)のおかげで、成太朗(伊藤あさひ)との失恋のショックから立ち直りつつあったまいるに、次の恋のチャンスが訪れ――!?

ずっと自分のことを嫌っていると思っていた幼なじみの未来から突然の告白を受けたまいるは、天佑からも「運命の人は意外に近くにいたのでは?」と言われ、まんざらではない様子。まいるは、学園祭を未来と一緒に過ごすことに……。そして、あきらめきれない綾乃は、天佑を誘う。そんな楽しい1日が過ぎるはずの中、まさかの衝撃的な事件が起こる。

綾乃(大友花恋)、天佑(神尾楓珠)
綾乃(大友花恋)、天佑(神尾楓珠)

さらには、この学園祭のシーンのどこかで、なんと主題歌を担当するヤバTが出演、ドラマデビューを飾る。オープニング映像に出演したり、第1話の合コンシーンのカラオケボックスで「ヤバイTシャツ屋さん」の名前が出たりするなど、ドラマとのコラボは実現していたが、今回ついに本編に参戦する。

撮影後、メンバー陣は「なかなかこんなにキャーと言われることはないから(笑)理想の世界」(こやま)、「すごく、ありがたかった」(しばた)、「死ぬまでにやりたい100のことのひとつ“俳優業”の夢がもう叶った!?」(もりもと)とコメント。「貴重な経験ができた」と語った。

そしてこの度、そんなヤバTも出演しているドラマのオープニング映像のメイキングが解禁となった。このオープニング映像は、桜井、神尾、大友、伊藤、阿久津らキャストも勢ぞろい、ヤバTが歌う主題歌「Bluetooth Love」にのってダンスを披露、今回の楽曲のMVでは演奏していなかったヤバTが、楽器を持って演奏する姿も話題となっていた。撮影風景からも、現場の雰囲気のよさが溢れ出ており、ポップさとキュートさが伝わってくる。

<第1話~4話あらすじ>
恋愛経験ゼロで地味で冴えないキノコ頭の女子高校生・まいる(桜井)は、ある日同級生の男子から「付き合ってほしい」と嘘の告白をされ、落とし穴に落とされる。悔しさで泣いていると、学校創立以来のイケメン・熊田天佑(神尾)が救世主として現れた! 彼に「ブスを言い訳に使うな!」と真正面から指摘され、まいるは生まれ変わることを決意。天佑のズバ抜けたメイク術によって、学校中のみんなが振り返るような女子に変身する。

そして初めて参加した合コンで出会った他校の爽やか男子・成太朗(伊藤)との間にまさかの恋フラグが立つも、うっかり付いた嘘が原因で拒絶されてしまったまいる。悩んだ末に不器用ながらも勇気を出して謝ると、彼に想いが届き、見事デートできることに! 人生初の恋愛にのめり込んでいくまいるは、成太朗にイヤな思いをさせたくない一心で、天佑とはもう会わないと決意。しかし成太朗はまいるよりも部活仲間を優先し始めるようになり、彼が幼なじみのリカラ(北澤舞悠)と仲良く話している姿も目撃してしまう。そして、綾乃(大友)から、天佑が学校を辞めたと聞かされ、まいるの中で“これまで経験したことのない感情”が一気に大爆発し……。

さらには成太朗の浮気現場(!?)を目撃してしまったまいるは、ショックのあまりパニック状態に。一度は帰宅するも、裸足のまま家を飛び出し、夜の公園で転んで心身ともにボロボロになってしまう。そんなまいるを見つけた天佑は、強引にまいるの家に連れ帰る。突然、ボロボロになったまいるを天佑が連れ帰ったことに驚き心配するふわり(三浦)。しかし、恋のつらさに押しつぶされてしまったまいるは、元の冴えないキノコ頭女子に舞い戻ってしまい、「ひとりで生きていく!」と宣言し、何もなかったかのように振る舞う。ところが、そんな彼女に想像もしていなかった“第2の転機”が訪れ……!?

<第5話あらすじ>
「俺はまいるが好き」――ずっと自分のことを嫌っていると思っていた幼なじみの未来(阿久津)から、いきなり愛の告白を受けたまいるは大混乱。ひとまず返事は保留にしたものの、未来のことを猛烈に意識してしまう。そんなある日、まいると同居している叔父・ふわりが出張することになり、未来にその間だけ家に泊まってほしいと依頼。未来と2人きりの状況に、まいるはパニくってしまう。どうしていいか分からなくなったまいるは、天佑に相談。すると天佑からは、未来こそが「運命の人」かもしれない……との言葉が! しかもその矢先、まいるの前に別れた成太朗(伊藤)が不意に現れ……。さらに同じ頃、天佑にも“思わぬ再会”が訪れようとしていた――。

川口春奈と横浜流星が共演する火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』(TBS系、毎週火曜22:00~)の第9話が、6月15日に放送。インターネット上では、向井理演じる葉山祥吾の優しさ溢れるハグに注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

ページトップへ
Twitter Facebook